卒業後のバックアップ

卒業してからもつづく三看大のネットワーク

 

三重県立看護大学では卒業後も様々なサポートを行っております。
 
 
〇同窓会

三重県立看護大学同窓会は、「会員相互の親睦」、「母校の発展のための寄与」を図る目的で設立されており、会報誌の発行、総会や講演会の開催を行い、相談などにも応じております。            同窓会の公式HPはこちらです

〇地域交流センター

本学卒業生の活動を支援する事業として、卒業生支援事を行っております。実際に、卒後1年目と卒後2年目の卒業生が、卒業後も大学にて同窓生と交流できる茶話会を実施しています。卒後1年目は、夢緑祭開催時と3月、卒後2年目は3月に開催しています。同窓生たちが近況を報告し合い、相互に交流を深め、和気あいあいとした時間を過ごします。同窓生であることの心強さ、一体感を感じることができるイベントです。

 
 
 
 
 
 

また、地域交流センターでは、大学にて看護・保健の実践方法や、研究手法が学べるような支援を行っています。卒業生のみなさんも、看護職や保健師の実践能力向上をめざし各教員による教員提案事業、研究能力向上を支援する看護研究の基本ステップハウツー看護研究などをご活用下さい。 

トップに戻る