ディプロマポリシー

ディプロマポリシー

看護専門職者として人々の生涯を通じての看護のニーズに応え得るために、以下にあげる能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に、学士(看護学)の学位を授与する。


     A 人々の生命と人間としての尊厳及び権利を尊重し、共感的に関わる姿勢を身につけている。(姿

       勢・態度

     B 多様な考え方や様々な背景を持つ人々の特徴を理解するための、幅広い教養を身につけている。

       (知識・理解)

     C その時代の社会情勢や、人々の健康に関する課題に沿った看護のニーズを意欲的に探究する姿勢

       を身につけている。(興味・関心・意欲)

     D 様々な職種との連携において、看護専門職としての役割を果たすためのコミュニケーション能力

       を身につけている。(技能・表現)

     E 看護専門職者としての役割を認識し、看護の実践に活用するための専門的知識を身につけている。

       (知識・理解)

     F 人々の健康的な生活を支援するために、必要な情報を様々な方法により収集する技能を身につけ

       ている(技能・表現)

     G 身につけた知識を基盤に、収集した情報を科学的・論理的に分析し、人々の健康に関する課題を

       把握する能力を身につけている。(思考・判断)

     H 人々の健康に関する課題の解決に向けて、安心・安全・安楽・自立を基本とした看護を実践する

       技能を身につけている。(技能・表現)

     I 自己の課題に対して研鑽する態度を身につけている。(姿勢・態度)

トップに戻る