カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

教育課程は、学位授与方針に示した能力を修得できるように、高い倫理観や豊かな人間性を育む「教養・基礎科目群」、保健・医療・福祉に関する幅広い知識を得る「専門支持科目群」、様々な看護へのニーズに応え得る専門性を育成する「専門科目群」、看護専門職者としての資質を高める「総合科目群」で構成し、以下の内容の科目により編成する。 また、教育課程の実施にあたっては、学生の主体的な学習を促す教育方法を導入し、そのための環境づくりを行う。さらに、学習成果については、学位授与方針に基づいた各授業科目の到達目標や達成度を明確に提示したうえで成績評価を行い、学生自身においてもその時々の学修の達成状況を確認できる仕組みを積極的に取り入れる。


     A 人々の生命と人間としての尊厳及び権利を尊重し、共感的に関わる姿勢を身につける科目
     B 多様な考え方や様々な背景を持つ人々の特徴を理解するための、幅広い教養を身につける科目
     C その時代の社会情勢や、人々の健康に関する課題に沿った看護のニーズを意欲的に探究する姿勢を身
      につける科目
     D 様々な職種との連携において、看護専門職としての役割を果たすためのコミュニケーション能力を身
      につける科目
     E 看護専門職者としての役割を認識し、看護の実践に活用するための専門的知識を身につける科目
     F 人々の健康的な生活を支援するために、必要な情報を様々な方法により収集する技能を身につける科
      目
     G 身につけた知識を基盤に、収集した情報を科学的・論理的に分析し、人々の健康に関する課題を把握
      する能力を身につける科目
     H 人々の健康に関する課題の解決に向けて、安心・安全・安楽・自立を基本とした看護を実践する技能
      を身につける科目
     I 自己の課題に対して研鑽する態度を身につける科目

トップに戻る