実習

実習の目的

実習は、看護実践を実体験する中で、理論と実践の統合を図りながら、看護実践における判断能力、問題解決能力を養うとともに、自己の成長と探求心を育むことを目的とします。  

実習について

実習は、1年次から4年次の各期に、様々な場所で、ライフステージや健康レベルの異なる対象と向き合うことにより、看護実践能力を高め、主体的に学び続ける態度を養うことができるように行います。

実習時期 実習の内容 実習科目 単位数
1年次後期  入院患者とのコミュニケーションや看護師との関わりを通して、療養生活や看護活動の実際を知り、看護師の役割について考える。また、コミュニケーションにおける自己課題を明確にする。 基礎看護実習I 1単位
2年次後期  健康課題を持つ対象者の個別性に合わせた日常生活援助を計画・実施する能力を養うため、日常生活援助に関わりながら患者理解を深め、看護過程を展開する。 基礎看護学実習II 2単位
3年次後期  それまでの実習を踏まえ、母性・小児・成人・老年・精神・在宅及び公衆衛生看護学領域において、看護の継続の視点から対象及び場の違いに応じた看護を実践的に学び、看護実践能力を養う。さらに、実習の評価を行いながら自己を振り返り、看護観、倫理観を高める。 母性看護学実習 2単位
小児看護学実習 2単位
成人看護学実習I 2単位
成人看護学実習II 2単位
老年看護学実習 2単位
精神看護学実習 2単位
在宅看護学実習 2単位
公衆衛生看護学実習 4単位
4年次前期  自らが、関心を持った分野・領域で実習を行い、理論と実践の統合を図り、看護実践の総合的能力を高める。 看護総合実習 3単位
選択 4年次前期  周産期にある母児および家族への助産実践を通じて、助産師の役割について考察を深め、方法論を発展させる能力を養う。 助産実習 10単位

 

実習場所

実習は、三重県立総合医療センター、その他の医療施設、保健所などの関係施設、県内全市町村、在宅介護支援センター等の福祉施設、学校等において行います。

【主な実習先】 
県立総合医療センター、恩賜財団済生会松阪総合病院、県立こころの医療センター、JA三重厚生連松阪中央総合病院、一志病院、伊勢赤十字病院、国立病院機構三重病院、国立病院機構三重中央医療センター、JA三重厚生連鈴鹿中央総合病院、白子ウィメンズホスピタル、市立四日市病院、松阪市民病院、三重大学医学部附属病院、伊勢赤十字訪問看護ステーション、社団法人三重県看護協会訪問看護ステーションナーシングヒルなでしこ津、松阪地区医師会訪問看護ステーション、訪問看護ステーションアルテハイム鈴鹿、津地区医師会訪問看護ステーション等

トップに戻る