学習の様子

1年 基礎的知識を学ぶとともにさまざまな分野を総合的に理解する能力を養います。

 看護学を学ぶための基礎づくりの1年次。崇高な人間性と幅広い視野を備えるための教養・基礎科目をしっかり学びながら、基本的な看護学の理論や方法論をはじめ、医学・保健学・社会福祉学等の分野に及んで人間・社会・健康の基礎知識を習得していきます。

基礎看護方法

 基礎看護方法は看護を学ぶ上での導入科目として位置づけられています。看護の概念、目的、機能を学んだ後に、看護の基本的な理論や方法および援助技術について学習します。科学的な根拠に基づき、一人一人に適切な看護実践ができるように、演習形式の授業を取り入れて、理論と実践を関連づけながら段階的に学習します。

2年 専門科目が増え、充実した授業の中で自らが学ぼうとする意欲を育成します。

 専門科目が充実してくる2年次。人間が生涯を通してより良く生き、より良く生を終えるための「生涯看護学」。生活の場における看護活動に主眼をおいた「広域看護学」。2つの柱で構成される基幹科目を中心に看護を実践する知識と技術を身につけていきます。

母性看護学概論

 次代の健全な育成を支援する母性看護の役割を理解します。母性看護を実践するために必要な学問的基盤の理解、母性看護の対象である母性と母性の健康に影響を与える環境の理解、母性の健康を守る社会のシステムと看護の役割を学びます。

精神看護学概論

 心のメカニズムについての基礎知識、心理社会的な視点からの対象理解と看護、精神医療と看護の歴史、精神医療に関連する法制度などについて学ぶ精神看護学への入門です。自己の心のありようを見直すつもりで学習します。自己理解は患者(クライエント)さんを理解するための第一歩です。

3年 今まで学んできた基礎知識を実践によって確実に自分のものにしていきます。

 実習が格段に増える3年次は、さまざまな体験を通じて大きく成長できる一年。母性・小児・成人・老年・精神・公衆衛生・在宅の各領域及び在宅ケアにおける看護の実際を通して、看護の意味を考えます。さらに自己を振り返り、看護観や倫理観を高めていきます。

公衆衛生看護学実習

 保健所および市町の母子保健活動、成人保健活動、高齢者保健活動、精神保健福祉活動、難病保健活動等を通して、個人・家族・地域の生活集団を対象とした看護活動とその展開に必要な知識や技術、態度を学びます。

4年 保健・医療にもとめられる実践者になるための理論・知識・技術を向上させます。

 大学最後の年は、主体性をもって学び、看護研究への関心を深めていく一年。学生自らが関心を持ったテーマとフィールドでの看護総合実習や、学生各自が研究テーマごとに探究心を養う卒業研究を始め、その領域は国際的な視野をもった看護活動やケアマネジメントなどの管理分野まで広く及んでいます。

看護総合実習

 学生が興味・関心を持っている看護学領域で、看護の実践を通して総合的能力を高め、看護チームや他の専門職者との連携や協働の重要性を学びます。

トップに戻る