附属看護博物館

  

 
 三重県立看護大学附属看護博物館は、国公立大学では日本初の看護博物館です。
 三重の看護に関わられた方々及び関係者からご提供いただきました資料1,393点 (平成29年3月31日現在) を収納しています。看護に関する資料をとおして看護の歴史と看護に関心・理解をもっていただき、そのことによってとくに若い人々に看護を目指していただきたいと願っています。
 平成29年4月1日から「アルバム、教科書、看護器具から看護職者の歴史を振り返る」と題して資料を展示しています。
 皆様のご来館をお待ちしています。
 

企画展  アルバム、教科書、看護器具から看護職者の歴史を振り返る

附属看護博物館では、「アルバム、教科書、看護器具から看護職者の歴史を振り返る」と題して第4期企画展を開催しています。どの時代にあっても、看護職を目指す者は、養成機関で学び、更にその先の資格取得試験を乗り越えていかなければなりません。展示では、養成機関のアルバムや教科書、免状、実際に使用された器具等から当時の看護職者の歴史をご紹介できればと考えております。これらの展示を通して、看護職者の教育の世界について、わずかでも皆様に知っていただけることを願っております。

 
 
 
 

 免状  

 

利用案内

 開館時間:月、火、木、金曜日 10時~16時
 水曜日 10時~18時30分
 休館日:土・日曜日、祝日、年末年始、本学附属図書館の休館日(毎月第1木曜日)
   ※平成28年4月7日(木)は館内整理のため、終日休館とさせていただきます。
 
 場所:本学附属図書館2階
 入館料:無料
 入館には入館カードが必要ですので、図書館カウンターにお申し出ください。
 公共交通機関:三重交通バス津駅西口~看護大学前(夢が丘団地行)
 
<お問い合わせ>
 〒514-0116 三重県津市夢が丘1丁目1番地1
 三重県立看護大学附属図書館
 TEL:059-233-5608 FAX:059-233-5668

トップに戻る