教員提案事業

 

公立大学である本学は地域貢献をその重要な使命のひとつとしています。地域交流センターは、その役割を担う本学の中心機関であり、すべての教員がメンバーとなって下記のような様々な事業を行っています。

皆様に参加していただきたい事業があります。問い合わせ可能な事業は、担当者連絡先を記載しておりますので、連絡をお待ちしております。    PDF資料教員提案事業チラシ

  1.みえ保健・看護力向上支援事業  ⇒ 詳しくはこちら

  2.他機関との連携による県民の健康増進事業  ⇒ 詳しくはこちら

  3.地域住民とのふれあい推進事業  ⇒ 詳しくはこちら

 

 

1.みえ保健・看護力向上支援事業

 ➀看護に役立つものづくりシーズ発掘

本事業は、看護実践において便利で役立つ、あるいは安全を確保するための用品の開発に向けたシーズ発掘を目的としています。本学教員が持っているシーズ発掘のためのブレインスト-ミングを月に一度行ないます。また今年度は、三重県内の企業との交流を深め、共同研究開発の可能性に挑戦します。

担当者連絡先

齋藤 真 TEL 059-233-5798 , E-mail:shin.saitou@mcn.ac.jp

 

②ケアする人のためのセルフケアのつどい

本事業は、医療従事者や介護従事者、家族介護者などのケア提供者を対象とし、ケアにまつわる思いを職種や立場の壁をこえて語り合ったり、ハーブを使ったリップクリーム等を作成するワークショップの開催を通して、ケア提供者が自分自身をケアできるような場をつくることを目的として実施します。

担当者連絡先

鈴木聡美 TEL 059-233-5616 , E-mail:satomi.suzuki@mcn.ac.jp

 

③卒後1年目を対象としたフィジカルアセスメント研修会

卒後1年目の看護師を対象として、フィジカルアセスメントの観察力と技術力を高めるため、研修会を年1回実施します。また、受講者が、研修後もフィジカルアセスメントの学習および研修会を効果的に行う事ができるように、シュミレーションモデルの基本的な使用方法を学ぶ機会を作ります。

担当者連絡先

菅原啓太 TEL 059-233-5600(代表), E-mail:keita.sugawara@mcn.ac.jp

写真1 写真2

 

④実践につながるフィジカルアセスメント

本研修では、呼吸療法士や認定看護師が講師を担い、”呼吸ケア”に関する知識の習得だけでなく実践につながるアセスメント能力を身につけることを目標としています。年度ごとにテーマを設定し、講義やグループワーク、演習などを取り入れながら研修を開催しています。今年度のテーマは、「多職種でみる急性期の呼吸ケア」です。

担当者連絡先

岡根利津 TEL 059-233-5682 , E-mail:ritsu.okane@mcn.ac.jp

チラシはこちら⇒研修案内 実践につながるフィジカルアセスメント-1

 

⑤認知症看護認定看護師(DCN)セミナー

認知症ケアを極め、認知症予防するために、認知症看護認定看護師と教員、地域の方々と一緒に認知症ケアについて考えることを目的に企画しました。事業内容としては、勉強会、研究を中心に実施していくことは、地域の保健医療福祉の向上につながると同時に、社会に貢献する熱意あふれた人材育成となるに関わる活動となります。

担当者連絡先

六角僚子 , E-mail:ryoko.rokkaku@mcn.ac.jp

チラシはこちら⇒DCNセミナーチラシ2020

*新型コロナウィルス感染拡大のため、体温37.5度以上ある方の参加
はご遠慮ください。またマスクの着用をお願いします。
*新型コロナウィルスの感染の状況により中止となる場合がありま
すので、ホームページ等で確認をしてください。

 

⑥Brush up! 急性期看護 (新規)

今年度より新たに事業を立ち上げます。三重県内における急性期看護の質の向上を目指して、県内の認定看護師(集中ケア・救急看護)のネットワークを構築して講師を担い、急性期看護を担う施設の看護師を対象とした研修を開催します。今年度は臨床推論に関する内容で開催する予定です。

担当者連絡先

岡根利津 TEL 059-233-5682, E-mail:ritsu.okane@mcn.ac.jp

チラシはこちら⇒研修案内 Brush up!

 

⑦新任期保健師の災害時における公衆衛生看護活動支援事業(新規)

新任期保健師に、災害時における住民支援方法について知識技術の提供を行います。また、クロスロードゲームを通じて、公衆衛生看護の実践能力の向上を目指します。

担当者連絡先

星野郁子 TEL 059-233-5658, E-mail:ikuko.hoshino@mcn.ac.jp

中北裕子 TEL 059-233-5637,       E-mail:yuko.nakakita@mcn.ac.jp

 

 

⑧看護職者を支援する相談窓口事業(新規)

施設外に相談できる場所があればという要望に応えて、三重県内の病院看護部の管理部門を対象に、キャリア・看護管理、教育・進学等に関する相談に対応します。
窓口の担当教員が電話およびメールで相談を受け付け、内容に応じて専門の教員(教育、心理、管理等)などに引き継ぎます。

担当者連絡先

上田貴子 TEL 059-233-5600(代表), E-mail:takako.ueda@mcn.ac.jp

中西貴美子  E-mail:kimiko.nakanishi@mcn.ac.jp

ご案内

 

2.他機関との連携による県民の健康増進事業

⑨地域の健康づくり支援事業

本事業は、地域住民の健康づくりに関する依頼があった市町・地域と協働して、地域生活のなかでの健康づくり、健康管理に関する活動をサポートする事業です。地域で開催するコミュニティづくりの活動の場、地域のイベント、地域住民の交流の場において、健康チェック及びその結果説明を通して、地域住民の健康意識の向上に貢献します。

担当者連絡先

上杉佑也 TEL 059-233-5600(代表), E-mail:yuya.uesugi@mcn.ac.jp

 

 

⑩在宅で障がいのある子どもを養育する家族のピア・サポート事業

医療的ケアが必要な子どもを養育している家族は、様々な困難を抱え心身ともに疲弊している現状にあります。同様の体験を持つ家族との交流が、不安や孤立感解消に繋がるといわれていますが、その機会は少ないというのが実情です。本事業は、ピア・サポートの観点から、多職種が協働して家族同士の交流の機会を支援する事業です。

 

 

⑪みかん大認知症カフェ

認知症において、当事者、家族や介助者が抱えた強いストレスを軽減する機会がほとんどない中、認知症カフェは、集い話す場として近年注目されています。本学は、認知症について、認定看護師の輩出など教育研究を進めています。当事業ではその専門性を活かし、県内関係団体と協力して県内各所で認知症カフェを開催します。

担当者連絡先

大西範和  E-mail:norikazu.oonishi@mcn.ac.jp

 

⑫子ども達に「自分のからだ」を伝える事業

本事業は、地域の教育・福祉機関と協力・連携して創り上げる「からだ先生」プロジェクトです。小学校入学前の好奇心の強い子ども達を対象に、「自分のからだを知り大切にする、そしてお友達も大切にする」事を伝える活動と「からだ先生」の人材育成に貢献する事業です。

担当者連絡先

宮﨑つた子  TEL 059-233-5624,   E-mail:tsutako.miyazaki@mcn.ac.jp

 

写真4  尿の色

 

⑬医療施設に広げよう看工連携による特許の輪!

本事業は、地域の医療機関と連携して看護実践に便利で役立つ用品の開発を目的としています。本学教員が各医療施設のスタッフとブレインスト-ミングを行い、知的財産となり得るシーズを発掘します。ブレインストーミングで取り上げられた内容を各医療機関の院内研究として活用することも視野に入れています。

担当者連絡先

齋藤 真 TEL 059-233-5798 , E-mail:shin.saitou@mcn.ac.jp

 

 

 

 

 

3.地域住民とのふれあい推進事業

⑭いきいき体操と健康的な肌づくり

一般高齢者が座ってできる介護予防体操を紹介します。その後、ハンドクリームの正しい塗り方を一緒に行い、健康的な肌づくりについても説明します。

担当者連絡先

平生祐一郎  TEL 059-233-5671,    E-mail:yuichiro.hirao@mcn.ac.jp

 

⑮よりみちカフェ

よりみちカフェとは、近隣地域のお年寄りと子どもたちとの世代間交流を通して、地域コミュニケーションの活性化をめざすことを目的にしています。カフェでの歓談、レクリエーションを通して世代間交流を図り活動していく予定です。

よりみちカフェをきっかけに、地域の皆さんと楽しく交流し、さらには健康チェックを行いながら、楽しくお話しませんか?どなたでも参加可能です。

担当者連絡先

篠原真咲 TEL 059-233-5671  , E-mail:masaki.shinohara@mcn.ac.jp

8月4日は中止になりました

チラシはこちら⇒みかん大よりみちカフェ

⑯災害時に母子の命を守る工夫を考えよう

災害時の避難所運営には多くの課題がありますが、特に、女性や妊産婦、乳幼児にとって、避難所での生活はリスクの高い状況となることが危惧されます。そのため、女性や妊産婦、乳幼児を守るための具体策が必要です。そこで、本事業では女性や妊産婦、乳幼児を持つ母親等の視点を取り入れて、地域住民と一緒に避難所での対応を考える機会として、避難所運営を考える交流会を計画しています。交流会の方法は、今後の新型コロナウイルス感染症の状況に応じて検討します。

担当者連絡先

市川陽子 TEL 059-233-5681 , E-mail:yoko.ichikawa@mcn.ac.jp

 

⑰対話による探Qカフェ(新規)

現代では、私たちの生活環境は大きく変化し、それにともない医療や地域における共生の問題の答えをみつけるのは難しくなりつつあります。しかしこうした難問こそ、異なるバックグラウンドをもつ人々が互いにその異なりを尊重しあう多声的な対話をつうじて探求すべきです。そうすることで、答えには到らずとも、問題の構造や奥行きはより鮮明になるはずです。

担当者連絡先

安部彰 TEL 059-233-5648 , E-mail:akira.abe@mcn.ac.jp

 

⑱児童英語(キッズ英会話)(新規)

未就学児、小学生がの英語学習法についてのパワーポイント資料と説明の音声を参加者にメールで8月ごろにお送りします。対象は、3歳児から小学6年生までのお子様とその保護者です。学習法に関して、メールでの質問にも応対します。3月には大学構内で交流会を行い、家庭で楽しめる英語のアクティビティーを紹介します。

担当者連絡先

林姿穂 TEL 059-233-5642 , E-mail:shiho.hayashi@mcn.ac.jp

チラシはこちら⇒キッズ英会話

 

⑲英米文学の読書会(文学作品を読んで語ろう)(新規)

既に訳本が出版されている、英米文学の短編小説を読み、その内容について語り合う会を3月末に行います。英語の関心がある方は、原文と日本語訳を照らし合わせ、独特な英語表現について楽しんでもらこともできます。文学作品を使ってどのように英語学習を行うとより効果的かなどの説明資料(音声付き)をメールでお送りしますので、まずはそれを参考に独学をしてみてください。

担当者連絡先

林姿穂 TEL 059-233-5642 , E-mail:shiho.hayashi@mcn.ac.jp

チラシはこちら⇒英米文学チラシ

 

⑳災害に備えよう(新規)

大規模地震等の災害時に一時避難所となる本学には、看護の教育研究機関としての機能を活用して地域住民が自律的に防災・減災対策を講じられるよう働きかけを行う必要とされています。そこで本事業では、保健センターや自治会等の協力を得ながら啓発活動を行い、地域住民の防災・減災力向上に寄与することを目指します。

 

㉑みかん大「暮らしの保健室」(新規)

みかん大を拠点として、「暮らしの保健室」を開設します。看護職が無料で予約なしで相談に応じます。暮らしの保健室では、①相談窓口(暮らしや健康に関すること)、②在宅医療や病気予防について市民の皆さんとの学びの場、③楽しい活動やおしゃべりなどの安心な居場所、④世代を超えてつながる交流の場などとして多くの方に利用していただきたいと思います。血圧や骨密度測定、フットマッサージなどで自分の健康について考えるきっかけとしましょう。まずは、気軽にお越しください。どなたでも無料です。ご要望があれば、出前で「暮らしの保健室」もしますので、ご連絡ください。

担当者連絡先

篠原真咲 TEL 059-233-5671  , E-mail:masaki.shinohara@mcn.ac.jp

平生祐一郎, E-mail:yuichiro.hirao@mcn.ac.jp

8月4日は中止になりました

 

チラシはこちら⇒暮らしの保健室 ちらし

 

㉒Re-manma Cafe(リマンマ カフェ)

乳がんの治療後、ご自身の胸に合った、乳房パットを一緒に作りませんか?
体験者の方と一緒に乳房パットを作ります。
素材はダブルガーゼで、中身は樹脂ビーズを使用しています。肌ざわりが良く、汗も吸い取り、洗濯も可能で、すぐに乾きます。
おしゃべりしながら、Re-mamma(リマンマ)しましょう!

担当者連絡先

大川明子, E-mail:akiko.okawa@mcn.

チラシはこちら→Remanmaチラシ

トップに戻る