大学院概要 Outline of Graduate School

研究科長挨拶

 人は誰も皆、健やかに生まれ育ち、その人らしい質の高い人生を送ることを望んでいます。少子高齢社会が急激に進行し、医療技術が高度化している中、人々の健康課題は多様化、複雑化しています。その困難な健康課題に対応しつつ、安心してそれぞれの生活を全うしていくために、看護が担うべき仕事は幅広く、また専門性の高いものになっています。
  現在本研究科が目指している修了生像は、1)複雑化した健康課題を持つ人々への看護実践をリードする高度実践家、2)複雑化した医療・福祉の現場で優れた管理能力を発揮する管理者、3)看護現場で看護職の教育をリードする実践家、そして4)学際的な看護学研究と看護学教育に携わる基礎力を持つ人材です。

  本研究科は、看護の質の向上を通して、三重県民の健康と福祉に寄与すべく、平成13年に開設されました。これまでの修了生は、実践家として、教育者として羽ばたいていますが、三重県民の健康と福祉に寄与するには、より一層の充実が求められています。
  どうしたらより良い看護が提供できるだろうか、どうしたら皆が活き活き働ける職場をつくれるだろうか、基礎教育の実習生や看護師の継続教育をどのようにしていったら良いだろうか等々、なぜ?どうしたらいいの?と、看護の現場で様々な疑問を抱いておられると思います。その疑問に、自分の手で答えを見つける力をつけるのが大学院です。その成果は、個人のものではなく、看護実践に還元でき、皆のものになります。
  疑問を持った時が、学び時です。どうぞチャレンジしてください。社会からの看護への期待に応えていく志を持って、多くの皆さんが大学院に加わってくださることを心から願っています。

大学院のめざすもの

教育理念

 崇高な人間性と幅広い視野を基盤に、学際的で広範な視点から看護学の学識を教授し、卓越した看護実践能力及び先駆的な研究能力を持つ人材を育成し、もって県民の健康で豊かな生活の創造と看護学の発展に寄与します。

教育目標

1.多様な看護ニーズに応えうる高度専門職業人としての看護実践者の養成 多様化・複雑化・高 度化する看護ニーズに的確に応えていくには、看護の特定分野における看護実践能力や総合的な調整能力を有する人材が求められています。 看護基礎教育の大学化進展の状況を踏まえ、より専門性・独創性を重視した大学院教育を行い、高度専門職業人としての看護実践者を養成します。

2.看護の質の向上に寄与する看護管理者の養成 医療技術の高度化、保健・医療・福祉施設の多様化、在宅療養者の増加等、近年の介護ケアの形態の多様化は従来の看護管理のあり方のみでの対応を困難にしています。 また、チーム医療の普及、保健・医療・福祉を担う専門職の多様化、介護保険制度の導入等からも、看護管理者には看護専門識者としての総合的な調整力が求められます。 多様な施設や地域社会において看護を有効に機能させ、看護の質の高度化を図るため、高度な看護管理能力・指導力、総合的調整力を有する看護管理者を養成します。

3.看護教育者・看護学研究者の養成 看護の質の向上のためには、看護教育・研究の充実が不可欠です。しかしながら、看護基礎教育の大学化の急速な進展の中で看護教員の不足は既に顕著であり、看護の専門分野における豊かな知識と高度な研究能力を有する資質の高い看護教育者や研究者を養成することが急務となっています。 看護学教育・研究の中核機関として、看護教育を担う人材を養成するとともに、地域の特性や変化するニーズに的確に対応した看護学教育研究の推進による看護学の発展に寄与する研究者を養成します。

カリキュラム・ポリシー

 本研究科の教育は、豊かな人間性と高い倫理観を基盤として、多様化・複雑化・高度化する地域特性や社会変化に応じた看護ニーズを的確に捉え、現場の様々な課題を探求する能力と教育能力を育成する。これらの能力を修得することができるように次のように分野を構成し、教育課程を編成・実施する。教育課程の編成・実施にあたり長期履修生が3年間の修業期間において計画的に履修できるように科目の設置および配置を行う。

1.教育研究分野としては、「実践基盤看護学」「看護教育学」「看護管理学」「母性看護学」「小児看護学」「成人急性期看護学」「成人慢性期看護学」「老年看護学」「精神看護学」「在宅看護学」「公衆衛生看護学」の看護系分野を設置するほかに、基礎教養系および専門支持系の専門性を活かして多様な看護学の研究課題に対応できるように「人文社会看護学」「自然科学看護学」を設置する。

2.各専門分野の知識と研究能力を修得する修士論文コース、看護の現場での教育指導能力を修得する臨地教育者コース、看護学の特定分野における実践能力を獲得する専門看護師コースを設置する。専門看護師コースについては「母性看護学」と「精神看護学」に設置する。

3.教育課程は、共通科目Ⅰと共通科目Ⅱ、専門科目で構成し、共通科目Ⅰには、看護における教育者あるいは実践者としての基礎的な能力を修得するための「看護研究概論」「看護教育論」「コンサルテーション論」、豊かな人間性や高い倫理観を育むための「看護倫理」、リーダーシップやマネジメント力を修得するための「看護管理論」、英語論文を読む能力を修得するための「英書講読」を設置する。また、修士論文や課題論文の作成に必要な研究方法が学修できるように「看護研究方法論Ⅰ(量的研究)」と「看護研究方法論Ⅱ(量的研究)」を選択科目として設置する。さらに、母性看護と精神看護の専門看護師の養成に対応できるように「フィジカルアセスメント」「病態生理学」「臨床薬理学」も設置し、コース特性に応じて必修科目あるいは選択科目とする。

4.共通科目Ⅱは、各専門分野の特論を設置し、専攻分野の特論を必修科目とするほか、幅広く知識を修得できるように専攻分野以外の特論を選択できるようにする。特に臨地教育者コースについては、看護教育学特論を必修科目とする。

5.修士論文コースの専門科目においては、各教育研究分野における看護の現状と課題を明確にするため理論・研究・実践の諸概念を学ぶ科目として、分野ごとに「演習」と「特別研究」を設置する。

6.臨地教育者コースの専門科目においては、看護系教育研究分野における現状と課題を明確にするための「演習」のほかに、看護の現場での教育指導能力が修得できるよう臨地教育実習を設置する。また、臨地においての研究能力の育成のために「課題研究」を設置する。

7.専門看護師コースの専門科目においては、特定分野における現状と課題を明確にするための「援助論」「演習」のほかに、専門看護師として臨床現場でのスペシャリストとしての能力が修得できるよう実習を設置する。また、専門看護師に必要な特定分野における研究能力の修得のために「課題研究」を設置する。

ディプロマ・ポリシー

 本研究科では、以下のような姿勢・能力を身につけ、所定の単位を修得し、修士論文審査及び最終試験を合格した者に修士(看護学)の学位を授与する。

1.多様化・複雑化・高度化する看護ニーズを的確に捉え、看護の特定領域における高度な看護実 践能力や総合的な調整能力を身につけている。

2.豊かな人間性と倫理観を身につけ、看護専門職としてリーダー的役割が担える指導力やマネジメント力を身につけている。

3.地域の特性や変化する社会のニーズを的確に捉え、看護学教育および実践看護学に関する課題を追及していける研究能力を身につけている。

4.看護教育者あるいは看護実践者としての基礎的な教育能力を修得している。

修士論文コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。

5.看護学の発展に寄与するための研究能力を修得している。

臨地教育者コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。

6.看護実践の場における看護専門職者や看護学生に対する教育能力を修得している。

専門看護師コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。

7.看護学の特定分野における卓越した看護実践能力を修得している。

 

 

トップに戻る