母性看護学領域  専門看護師(CNS)コース

 【母性看護学領域】では、リプロダクティブ・ヘルスの視点から、周産期にある母子とその家族の健康問題、女性のライフサイクル全般にわたる健康問題を考察し、生命倫理・QOL・意思決定を尊重した医療・看護のあり方、危機的状況に応じた看護介入の方法論やケアシステム、より健康的な生活を支援する方法論やケアシステムを探究します。『専門看護師(CNS)コース』では、周産期におけるプライマリケアと緊急事態に対応できる高度なアセスメント能力、卓越した実践能力を養い、看護活動を創意工夫し変革できる能力を修得します。

 

授業科目

クリティカルケア看護学特論生活習慣看護学特論周産期母子援助論ウイメンズヘルス論母性看護学演習ⅠB母性看護学演習ⅡB母性看護学課題研究母性看護学実習

 

修了生の学位論文題目

(母性看護学領域)

「ピアグループで出産体験の振り返りをすることにより帝王切開を経験した女性に何が生じているか」(平成28年度)

 

(旧クリティカルケア系母性看護学分野)

「看護者がとらえる母体搬送された妊婦の自己効力感を高める援助」(平成24年度)

 

専任担当教員

永見桂子
主な研究、指導テーマ
・周産期母子ケアに関する研究
・女性の性周期と健康支援に関する研究
・助産師教育に関する研究

<教員からのメッセージ>
 医療・看護における最新のエビデンスを獲得する方法を学ぶとともに、総合的判断力・問題解決能力を養い、周産期にある母子とその家族への援助とケアシステムの充実・発展を目指しましょう。

トップに戻る