三重県立看護大学大学院看護学研究科 学位論文審査基準

三重県立看護大学学位規程第9条第2項および第13条の規定に基づき、修士論文の審査ならびに特定課題の研究成果(以下「特定課題論文」という。)の審査にかかる審査基準を以下に定める。

修士論文の審査基準は、以下のとおりとする。

1.十分な文献検討によって看護学に関する研究課題を設定している。

2.研究目的に整合する適切な研究方法を選択している。

3.用いた研究方法に対して倫理的配慮がされている。

4.得られた情報や仮定から適切に結論が導かれている。

5.明確かつ論理的で一貫性のある論旨が展開されている。

6.論文発表会で成果を発表し、質疑に対応できる。

特定課題論文の審査基準は、以下のとおりとする。

1.看護実践や看護教育における技術・知識の発展につながる課題である。

2.課題に整合する適切な方法を選択している。

3.用いた方法に対して倫理的配慮がされている。

4.明確で一貫性のある論旨が展開されている。

5.論文発表会で成果を発表し、質疑に対応できる。

 

・「審査委員の体制、審査の方法」は教務学生課(☎059-233-5603)までお問い合わせください。

トップに戻る