企画提案コンペのお知らせ(三重県立看護大学学外ホームページリニューアル並びにCMS導入業務)

平成25年9月 3日
公立大学法人三重県立看護大学 理事長 村本 淳子

1 公募対象事業
 (1)名 称  三重県立看護大学学外ホームページリニューアル並びにCMS導入業務
 (2)内容(仕様)
三重県立看護大学学外ホームページリニューアル並びにCMS導入業務委託仕様書に記載のとおり
2 参加及び落札資格
 次に掲げる要件をすべて満たした者とする。
 (1)コンペ参加資格
ア 当該コンペに係る契約を締結する能力を有しない者又は破産者で復権を得ない者でないこと。
 (2)落札資格
ア 三重県から入札参加資格(指名)停止を受けている期間中でない者であること。
イ 三重県の「三重県物件関係落札資格停止要綱」により落札資格停止措置を受けている期間中でないこと又は同要綱に定める落札資格停止要件に該当しないこと。
ウ 三重県が賦課徴収する税又は地方消費税を滞納している者でないこと。
エ 過去2年間に50ページ以上のWebサイト作成実績があること。
3 説明会の開催
コンペに参加を希望する者について、次のとおり説明会を開催します。(説明会への出席希望者は、平成25年9月6日(金)17時までに電話又はファクシミリで「10 問い合わせ先」まで連絡してください。)
①    日時 平成25年9月9日(月)13時~14時30分
②    場所  三重県津市夢が丘1丁目1番地1 三重県立看護大学 大会議室
4 企画提案コンペ参加手続
 (1)質疑の提出締切日時
平成25年9月12日(木)15時まで
質疑応答票(様式3)により、メール又はFAXにて「10 問い合わせ先」へお送りください。
 <結果回答>
平成25年9月17日(火)までに三重県立看護大学ホームページ上で行います。
 (2)企画提案資料の提出期限
   平成25年9月24日(火)17時まで
 (3)企画提案資料の提出先
   〒514-0116 三重県津市夢が丘1丁目1番地1
              三重県立看護大学 事務局企画広報課
   企画提案資料の提出方法は郵送又は持参によることとする。
 (4)最優秀提案者の決定方法
提出された各企画提案資料について公立大学法人三重県立看護大学学外ホームページリニューアル並びにCMS導入業務企画提案コンペ選定委員会において審査し、最優秀提案を選定する。
 (5)最優秀提案者に提出を求める書類
 (ア)消費税及び地方消費税についての「納税証明書(その3未納税額がないこと用)」(所管税務署が過去6月以内に発行したものです。)の写し
(イ)三重県内に本支店又は営業所等を有する事業者にあっては、「納税確認書」(三重県の県税事務所が過去6月以内に発行したものです。)の写し
 (6)委託契約の締結
落札条件確認後、最優秀提案者と委託契約を締結する。
5 プレゼンテーション
  プレゼンテーションは実施しない。
6 企画提案資料の内容
 (1)企画提案コンペ参加申込書兼誓約書(様式1)
 (2)会社概要及び実績届(様式2)
 (3)企画提案書 7部(正本1部及び副本6部)
電子データを1部提出することとする。媒体はCD‐Rを基本とする。
 (4)見積書7部(正本1部及び副本6部)
 (5)企画提案書記載内容
「三重県立看護大学学外ホームページリニューアル並びにCMS導入作成業務企画提案コンペ提案書記載要領」のとおり
 (6)企画提案書の提出等に関する留意事項
  次のいずれかに該当するときは、その者の企画案は無効とする。
 ①同一の事項の企画提案に対して2以上の企画案を提出したとき。
 ②参加者が他人の企画案を代理したとき。
 ③企画提案に際して談合等の不正行為があったとき。
 ④見積書の金額、住所、氏名、印章、もしくは重要な文字の誤脱または判読
し難い見積書及び金額を訂正した見積をしたとき。
 (7)企画提案書及び見積書提出期限
 ①提出期限 平成25年9月24日(火)17時まで
 ②提出場所 下記「10 問い合せ先」 記載の担当部署
 ③提出方法 上記②の提出場所に郵送または持参(提出期限厳守のこと。)
7 審査資料提出の留意点
 (1)審査資料提出後の追加または修正は認めない。
 (2)提出期限に遅れた場合及びこの要領に反した場合、その業者は失格とする。
 (3)審査の結果は全参加者に文書により通知する。
 (4)審査結果の異議申し立ては受理しない。
8 その他
 (1)コンペ及び契約の手続きにおいて使用する言語及び通貨については、日本語及び日本国通貨に限る。
 (2)提案に必要な費用は、各提案者の負担とする。
 (3)提出のあった各提案書については返還しない。
 (4)本業務により作成した著作物の著作権は三重県立看護大学に譲渡するものとする。
 (5)審査の経過については公表しない。
 (6)提出される書類において、法人に関する情報(いわゆる企業秘密等に該当するもの)はその旨を明記すること。
 (7)暴力団等排除措置要綱による契約の解除
契約締結権者は、受注者が「三重県の締結する物件関係契約からの暴力団等排除措置要綱」第3条又は第4条の規定により、「三重県物件関係落札資格停止要綱」に基づく落札資格停止措置を受けたときは、契約を解除することができるものとする。
 (8)不当介入に係る通報等の義務及び義務を怠った場合の措置
① 受注者が契約の履行にあたって暴力団、暴力団関係者又は暴力団関係法人等による不当介入を受けたときは、次の義務を負うものとする。
ア 断固として不当介入を拒否すること。
イ 警察に通報するとともに捜査上必要な協力をすること。
ウ 発注所属に報告すること。
エ 契約の履行において、暴力団、暴力団関係者又は暴力団関係法人等による 不当介入を受けたことにより工程、納期等に遅れが生じる等の被害が生じるおそれがある場合は、発注所属と協議を行うこと。
② 契約締結権者は、受注者が① イ又はウの義務を怠ったときは、「三重県の締結する物件関係契約からの暴力団等排除措置要綱」第7条の規定により「三重県物件関係落札資格停止要綱」に基づく落札資格停止等の措置を講じる場合がある。
9 関連資料
10 問い合わせ先
    〒514-0116 三重県津市夢が丘1丁目1番地1
      三重県立看護大学 事務局企画広報課 藤谷
               事務局総務課  前川
      TEL:059-233-5696(企画広報課)
                  5601(総務課)
 FAX:059-233-5666(各課共通)
 メール:daihyo@mcn.ac.jp
質疑応答

質疑応答票(PDF形式)

トップに戻る