看護博物館企画展第5期開催中

第5期展示として「教科書・看護器具から明治~平成までの看護を振り返る」をテーマに資料を展示しました。

どの時代にあっても、看護職を目指す者は、養成機関で学び、更にその先の資格取得試験に合格しなければなりません。展示では、養成機関で使われていた教科書、各免状、制服・ユニフォーム、実際に使用された器具等から時代ごとの看護職者の歴史をご紹介できればと考えております。

これらの展示を通して、看護職者の教育の世界について、わずかでも皆様に知っていただけることを願っております。

 

トップに戻る