「“対象者に優しい”持ち上げない移乗介助(出前講座)」を実施しました!

日  時:平成30年11月19日(月)17:15~18:15

場  所:榊原白鳳病院 第二さくら苑

講  師:三重県立看護大学 教授 白石葉子

参加人数:看護師・介護福祉士・理学療法士38名 

内  容:看護職が腰痛を防止するためには、対象者を移動・移乗する際、持ち上げずに、「転がす・滑らす・分割して移動する・力の方向を考えて行う」ことが重要です。また、対象者も持ち上げられないことにより、安心感や心地よさが生まれます。本講座ではベッド上の移動についてシートを用いたり、ベッドから車いすの移乗においてボードを用いたりする方法を実践しました。参加者からは、「スムーズに移動でき、スタッフ・患者共によいことが分かった」「これからの業務に活かしていきたい」などの感想をいただきました。

シート(掲載用)                  車椅子(掲載用)

トップに戻る