三重県立看護大学 高大接続シンポジウム 開催のお知らせ(開催日:3月20日(火))

AP文部科学省 大学教育再生加速プログラム(AP)選定事業 〔テーマⅢ 高大接続〕
「三重の保健医療を支える未来の看護職者育成プログラム」

三重県立看護大学
高大接続シンポジウム
「高大接続から高大社接続へ」開催のお知らせ    

 

 poster

 本学では、平成26年度に大学教育再生加速プログラム(AP)テーマⅢ-高大接続-に採択され、「三重の保健医療を支える未来の看護職者育成プログラム」の取り組みを進めています。これは、地域のニーズに応じた地域の保健医療を支える質の高い看護職者を育成するという公立大学としての本学の使命を果たすため、真に看護職をめざす人材を確保し、確実に地域で活躍する人材を育成する取り組みです。

 この度、『高大接続から高大社接続へ』 をテーマとして、以下のとおり高大接続シンポジウムを開催する運びとなりました。
 これからの高大接続のあり方や新たな入学者選抜改革について、また、大社接続も視野に入れた三重県の保健医療を担う看護人材育成について、高校、大学それぞれの立場からともに考えます。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

●日 時
平成30年3月20日(火) 13時30分~16時30分(受付12時30分~)

 

●会 場
三重県立看護大学 講堂
 (三重県津市夢が丘1丁目1番地1)

http://www.mcn.ac.jp/about/access  

  

●テーマ
高大接続から高大社接続へ

 

●プログラム
13時30分~13時35分  開会挨拶
菱沼 典子
三重県立看護大学 理事長・学長

13時35分~14時35分  基調講演
◆「公立大学における高大接続改革について~これまでの経緯と今後の動向~」
  柴田 洋三郎 氏
  福岡県立大学 理事長・学長 
  一般社団法人公立大学協会 副会長

14時35分~14時45分  (休憩)

14時45分~16時25分  シンポジウム
◆「大社接続を見据えた高大接続の取組―本学のAP事業の報告―」
  齋藤 真
  三重県立看護大学 教授  

◆「高大接続プログラムに参加して」
  三重県立看護大学 学生発表

◆「高等学校から見た高大接続事業への期待」
  松岡 泰之 氏
  三重県立津東高等学校 校長
  三重県立看護大学高大接続事業評価委員

◆「高校―大学―三重県の看護を繫ぐ」
  菱沼 典子
  三重県立看護大学 理事長・学長 

<コメンテーター>
柴田 洋三郎 氏
福岡県立大学 理事長・学長 
一般社団法人公立大学協会 副会長  

<コーディネーター>
小池 敦
三重県立看護大学 教授
企画情報担当理事・AP事業推進責任者

16時25分~16時30分   閉会挨拶

 

 ●対 象
高等学校・大学の教職員の皆さまをはじめ、どなたでもご参加いただけます。

 

●参加費
無料

 

●参加申し込み
チラシ裏面の参加申し込み書をFAXいただくか、所属、役職、氏名、連絡先(TEL・E-mail)を明記の上、E-mailにて3月16日までのお申し込みください。

FAX     059-233-5666
E-mail ap.mikan@mcn.ac.jp (@を半角に変えてください)

 

詳細はこちらのチラシ(表面) (裏面)をご覧ください。

  

 < お問い合わせ>

三重県立看護大学 事務局 教務学生課
〒514-0116 三重県津市夢が丘1丁目1番地1
TEL:059-233-5669
FAX:059-233-5666
E-mail:ap.mikan@mcn.ac.jp (@を半角に変えてください)

 

トップに戻る