林 辰弥

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 基礎化学
  • 基礎生物学
  • 化学
  • 生物
  • 形態機能学V
  • 臨床薬理学
  • 臨床栄養学
  • 看護総合特論 

 【大学院看護学研究科】

  • 臨床薬理学
  • 自然科学看護学演習II
  • 自然科学看護学特別研究I
  • 自然科学看護学特別研究II
  • 自然科学看護学特別研究III

最終学歴

  • 昭和62年3月 大阪大学大学院薬学研究科応用薬学専攻博士(前期)課程修了
  • 平成4年  3月 三重大学大学院医学系研究科分子病態学専攻博士(後期)課程修了

 

学位

  • 昭和62年 3月 薬学修士(大阪大学)
  • 平成  4年 3月 博士(医学)(三重大学)

 

職歴

  • 平成  4年 4月 三重大学医学部 助手
  • 平成14年 4月 三重大学医学部 講師
  • 平成17年 4月 三重大学大学院医学系研究科 講師
  • 平成18年 7月 三重大学大学院医学系研究科 助教授
  • 平成19年 4月 三重大学大学院医学系研究科 准教授
  • 平成20年 4月 三重県立看護大学看護学部看護学科 教授
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 血液凝固関連因子の構造と機能に関する研究
  • 血栓性疾患の発症機序に関する研究
  • 先天性血栓性素因の分子細胞生物学的研究
  • 血栓症予防物質の探索とその効果に関する研究
  • 深部静脈血栓症予防看護ケアに関する研究

 

共同研究可能テーマ

  • 血栓症予防物質の探索と開発
  • 生活習慣病(血液障害性疾患、腫瘍、糖尿病など)阻止物質の探索と開発
  • 組織修復・再生促進物質の探索と開発
  • 血管新生阻害物質、抗腫瘍性物質の探索と開発

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【学術論文】

  1. Okamoto, T., Akita, N., Terasawa, M., Hayashi, T. and Suzuki, K. (2019) Rhamnan sulfate extracted from Monostroma nitidum inhibits thrombogenic activities and attenuates inflammation of vascular endothelial cells. J. Nat. Med. in press.
  2. Yoshida, K., Akita, N., Okamoto, T., Asanuma, K., Uchida, A., Sudo, A., Shimaoka, M., Suzuki, K. and Hayashi, T. (2018) Activated protein C suppresses osteoclast differentiation via endothelial cell protein C receptor, protease-activated receptor-1, sphingosine 1-phosphate receptor, and apolipoprotein E receptor 2. Thromb. Res. 163: 30-40.
  3. Okamoto, T., Kawamoto, E., Takagi, Y., Akita, N., Hayashi, T., Park, E.J., Suzuki, K. and Shimaoka, M. (2017) Gap junction-mediated regulation of endothelial cellular stiffness. Sci. Rep. Jul 21; 7(1): 6134.
  4. Asanuma, K., Yoshikawa, T., Yoshida, K., Okamoto, T., Asanuma, Y., Hayashi, T., Akita, N., Oi, T., Nishimura, A., Hasegawa, M. and Sudo, A. (2016) Argatroban more effectively inhibits the thrombin activity in synovial fluid than naturally occurring thrombin inhibitors. Cell. Mol. Biol. 62: 27-32.
  5. Akita, N., Ma, N. Okamoto, T., Asanuma, K., Yoshida, K., Nishioka, J., Shimaoka, M., Suzuki, K. and Hayashi, T. (2015) Host protein C inhibitor inhibits tumor growth, but promotes tumor metastasis which closely correlated with hypercoagulability. Thromb. Res., 135: 1203-8.
  6. Hayashi, T. and Suzuki, K. (2015) Changes of expression of the protein C pathway components in LPS-induced endotoxemia -Implication for sepsis – Cardiovascular and Hematological Disorders-Drug Targets, 15: 2-9.
  7. Okamoto, T., Akita, N., Hayashi, T., Shimaoka, M. and Suzuki, K. (2014) Endothelial connexin 32 regulates tissue factor expression induced by inflammatory stimulation and direct cell-cell interaction with activated cells. Atherosclerosis, 236: 430-7.
  8. Okamoto, T., Akita, N., Kawamoto, E., Hayashi, T., Suzuki, K. and Shimaoka, M. (2014) Endothelial connexin32 enhances angiogenesis by positively regulating tube formation and cell migration. Exp. Cell Res., 321: 133-41.
  9. Yamada, Y., Maruyama, J., Zhang, E., Okada, A., Yokochi, A., Sawada, H., Mitani, Y., Hayashi, T., Suzuki, K. and Maruyama, K. (2014) Effect of thrombomodulin on the development of monocrotaline-induced pulmonary hypertension. J. Anesth., 28: 26-33.
  10. Okamoto, T., Akita, N., Nagai, M., Hayashi, T. and Suzuki, K. (2014) 6-Methylsulfinylhexyl isothiocyanate modulates endothelial cell function and suppresses leukocyte adhesion. J. Nat. Med., 68: 144-53.

  【学会発表】

 

  1. 秋田展幸, 岡本貴行, 西岡淳二, 鈴木宏治, 林辰弥. Molecular mechanism responsible for the decrease of protein C inhibitor expression in HepG2 cells induced by hepatocyte growth factor. 第91回日本生化学会大会、平成30年10月.
  2. 鈴木宏冶, 秋田展幸, 岡本貴行, 西岡淳二, 林辰弥. 海藻アオサ(ヒトエグサ)由来ラムナン硫酸の抗血栓・血管内皮保護・抗腫瘍作用の検討. 第40回日本血栓止血学会学術集会、平成30年6月.
  3. 秋田展幸, 夏目尚美, 西岡淳二, 鈴木宏治, 林辰弥. カテキンの血液凝固系および肝細胞における血液凝固関連因子産生に及ぼす影響. 第40回日本血栓止血学会学術集会、平成30年6月.
  4. 秋田展幸, 吉田格之進, 岡本貴行, 淺沼邦洋, 西岡淳二, 鈴木宏治, 林辰弥. Activated protein C suppresses osteoclast differentiation by inhibiting multinucleated cell formation. 第90回日本生化学会大会、平成29年12月.
  5. Hayashi T, Akita N, Okamoto T, Nishioka J and Suzuki K. Hepatocyte growth factor reduces protein C inhibitor expression in HepG2 cells via MEK and PI3 kinase. XXVI Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis、平成29年7月.
  6. 岡本貴行, 川本英嗣, 秋田展幸, 林辰弥, 臼田春樹, 和田孝一郎, 鈴木宏冶, 島岡要. 血管内皮細胞の硬さが単球の接着に及ぼす影響の解析. 第39回日本血栓止血学会学術集会、平成29年6月.
  7. 秋田展幸, 岡本貴行, 西岡淳二, 鈴木宏冶, 林辰弥. MEK依存性の肝細胞における肝細胞増殖因子によるプロテインCインヒビターの発現低下はERKを介さない. 第39回日本血栓止血学会学術集会、平成29年6月.
  8. 鈴木宏冶, 秋田展幸, 西岡淳二, 林辰弥. 海藻アオサ(ヒトエグサ)由来ラムナン硫酸の抗血栓・血管内皮保護作用. 第14回日本機能性食品医用学会総会、平成28年12月.
  9. Hayashi T, Akita N, Ma N, Okamoto T, Nishioka J and Suzuki K. Host protein C inhibitor promotes tumor metastasis in close correlation with its procoagulant properties. 9th Asian-Pacific Society on Thrombosis and Haemostasis、平成28年10月.
  10. 秋田展幸, 吉田格之進, 岡本貴行, 淺沼邦洋, 西岡淳二, 鈴木宏治, 林辰弥. 活性化プロテインCによる破骨細胞分化への影響. 第89回日本生化学会大会、平成28年9月.
  11. 岡本貴行, 川本英嗣, 秋田展幸, 林辰弥, 鈴木宏治, 島岡要. マクロファージの分化における細胞外基質の硬さの影響. 第38回日本血栓止血学会学術集会、平成28年6月.
  12. Akita N, Yoshida K, Okamoto T, Asanuma K, Nishioka J, Suzuki K and Hayashi T. Molecular mechanism of regulation of osteoclast differentiation by activated protein C. 第77回日本血液学会学術集会、平成27年10月.
  13. Akita N, Yoshida K, Okamoto T, Asanuma K, Nishioka J, Suzuki K and Hayashi T. Possible mechanism of activated protein C-induced inhibition of osteoclast differentiation. XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis、平成27年6月.
  14. Okamoto T, Kawamoto E, Akita N, Hayashi T, Suzuki K and Shimaoka M. Endothelial cell increases its rigidity during inflammation through modification of the gap junction. XXV Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis、平成27年6月.

【報告書・その他】

【総説】

  1. 秋田展幸、鈴木宏治、林辰弥. (2014)アンチトロンビンの構造と機能. 日本血栓止血学会誌25(1):23-32
  2. 林辰弥、鈴木宏治. (2012)血漿凝固・線溶制御セルピンの構造と機能. 日本血栓止血学会誌 23(5):481-93

 

社会活動

  • 日本血栓止血学会代議員
  • 日本血液学会代議員
  • 第30回日本血栓止血学会学術集会事務局長
  • 第9回日本検査血液学会学術集会事務局長
  • 第17回日本遺伝子診療学会大会実行委員
  • 第23回国際血栓止血学会組織委員
  • 第41回日本血栓止血学会学術集会準備委員

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本血栓止血学会
  • 日本血液学会
  • 日本生化学会
  • 日本遺伝子診療学会
  • 日本血管生物医学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本クリティカルケア看護学会
  • 国際血栓止血学会

 

その他

 

トップに戻る