齋藤 真

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 統計学
  • 情報リテラシー入門
  • 基礎情報学
  • 医療情報学
  • 看護人間工学
  • 研究基礎理論
  • 卒業研究

【大学院看護学研究科】

  • 看護研究方法論Ⅰ(量的研究)
  • 自然科学看護学特論
  • 自然科学看護学演習III
  • 自然科学看護学特別研究Ⅰ~III

 

最終学歴

  • 1982年3月 日本大学生産工学部工業化学科 卒業
  • 1985年3月 日本大学大学院生産工学研究科博士前期課程管理工学専攻 修了
  • 2007年3月 三重大学大学院工学研究科博士後期課程システム工学専攻 修了

 

学位

  • 1985年3月 工学修士(日本大学)
  • 1997年5月 博士(医学)(名古屋大学)
  • 2007年3月 博士(工学)(三重大学)

 

職歴

  • 1985年4月 日本大学生産工学部 副手
  • 1989年4月 聖母女子短期大学 講師(看護学科)
  • 1993年4月 愛知みずほ大学 講師(人間科学部人間科学科)
  • 2000年4月 愛知みずほ大学 助教授(人間科学部人間環境学科)
  • 2002年4月 三重県立看護大学 教授(看護学部/大学院看護学研究科)、情報センター室長
  • 2005年4月 三重県立看護大学附属図書館館長
  • 2007年4月 三重県立看護大学法人化教育特命監
  • 2009年4月 公立大学法人三重県立看護大学理事(企画情報担当)
  •       メディアコミュニケーションセンター長(附属図書館館長/情報センター長)
  •       中期目標・中期計画推進特命監
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

1)人間工学一般(VDT作業、生体負担、作業改善) 

  • 次世代VDTワークステーションの開発
  • 生産現場における人間工学を活用した作業改善 

2)看護領域における人間工学的研究・看工連携事業

  • 心肺蘇生の習熟、生体負担について
  • 大腿骨骨折防止用ヒッププロテクタの開発
  • 新素材を用いた看護用具の開発
  • 看護師の観察と視覚機能について                             
  • 性周期と生体負担について
  • 看護業務を助ける「ものづくり」について(看工連携事業)

 

共同研究可能テーマ

  • 人間工学に関する研究(生体負担、VDT、習熟、作業改善、ヒュ-マンエラー等)
  • 看護学領域における人間工学に関する研究(女性労働、ヒューマンエラー、看工連携によるものづくり等)
  • 統計学を用いたデータ解析(SPSS、ExST2015を用いた統計解析、Text Mining Studioを用いたテキストマイニング等)

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【著書(訳書を含む。)】

  1. 鈴木みずえ編集:ベッドサイドですぐにできる!転倒・転落予防のベストプラクティス、南江堂 2013年8月
  2. 大久保堯夫・加藤象二郎編:初学者のための生体機能の測り方(改訂版)、日本出版サービス、2006年9月

【学術論文】

  1. Tomoyuki Hasegawa, Rie Daikoku, Shin Saito, Yayoi Saito: Relationship between weight of rescuer and quality of chest compression during cardiopulmonary resuscitation. Journal of Physiological Anthropology 2014, 33:16(http://www.jphysiolanthropol.com/content/33/1/16)
  2. 斎藤 真, 中務隆弘, 池浦良淳, 大平肇子, 松井真弓, 福田康明, 長谷川智之:マルチ画面型VDT使用時のオペレータの生体負担、産業保健人間工学Vol.14, pp1-6、2014
  3. 市川千将, 福田康明,杉谷卓志斎藤真:組立作業における部品取扱作業の筋負担評価とその応用、日本設備管理学会Vol.25、No.4、pp171-177、2014
  4. 松井真弓, 村本淳子, 斎藤真,石竹達也:沐浴業務による助産師の腰背部障害予防に関する提案、産業保健人間工学Vol.13,№1, pp1-6、2013
  5. 大平肇子, 町浦美智子, 斎藤真, 村本淳子:月経前症候群の症状を有する女性に対する呼吸法のリラクセーション効果、母性衛生Vol.53, No.4,pp497-504、 2013
  6. 大嶋耐之,加藤文子,斎藤真他:医療過誤に及ぼす要因解析に関する研究(第2報)医薬品鑑査作業における経験年数の影響、産業保健人間工学Vol.12、pp.8-14、2010
  7. 大嶋耐之,川口文子,斎藤真他:医療過誤に及ぼす要因解析に関する研究(第1報)調剤のピッキング作業における経験年数の影響、産業保健人間工学Vol.12、pp.1-7、2010
  8. 長谷川勝久、福田康明、斎藤真:セル生産における作業者の生体負担に関する研究、人間工学Vol. 45、No.4、pp.219-225、2010 

 

社会活動

 

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本人間工学会会員(代議員、理事、東海支部支部長)
  • 日本経営工学会会員(査読委員)
  • 産業保健人間工学会会員
  • 日本生理人類学会会員
  • 人類働態学会会員
  • 日本交通科学学会会員
  • 日本看護研究学会会員(専任査読委員)
  • 日本看護研究学会会員 

 

その他

 

トップに戻る