大西 範和

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 形態機能学Ⅲ
  • 形態機能学Ⅳ
  • 健康科学
  • 運動処方論
  • 体育実技Ⅰ
  • 体育実技Ⅱ
  • 体育実技Ⅲ
  • 卒業研究

【大学院看護学研究科】

  • 看護研究方法論Ⅰ(量的研究)
  • 自然科学看護学特論
  • 自然科学看護学演習Ⅰ
  • 自然科学看護学特別研究Ⅰ~III
  • 基礎看護学演習Ⅲ(看護援助・技術)

 

最終学歴

  • 昭和57年 3月 中京大学体育学部体育学科 卒業
  • 昭和59年 3月 中京大学大学院体育学研究科体力学講座(修士課程) 修了

 

学位

  • 昭和57年  3月 体育学士(中京大学)
  • 昭和59年  3月 体育学修士(中京大学)
  • 平成  3年12月 博士(医学)(愛知医科大学) 

 

職歴

  • 昭和59年 4月 中京大学大学院実験実習助手 
  • 昭和60年 4月 愛知医科大学医学部助手(第二生理学講座) 
  • 平成  5年 4月 愛知みずほ大学人間科学部講師 
  • 平成12年 4月 愛知みずほ大学人間科学部助教授 
  • 平成20年 4月 三重県立看護大学看護学部教授 
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 運動時の生体機能
  • 運動時の体温や発汗の調節
  • 熱中症予防に関する研究
  • 冷え性のメカニズムと対処法について
  • 筋力トレーニングに対する活動筋冷却の影響
  • 自律訓練法が体温やその調節に及ぼす影響

 

共同研究可能テーマ

  • 人体の各種生理機能の測定を用いた研究(特に体温、発汗、皮膚血流量など)
  • 冷え性のメカニズムの解明や対処法の開発について
  • 身体の加温や冷却の効果について
  • 熱中症予防について

 

主な研究業績【著書、学術論文等】

【学術論文】

  • Revisiting the dermatomal recruitment of, and pressure-dependent influences on, human eccrine sweating, Frei, R., Notley, S.R., Taylor, E.A., Burdon, C.A., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., Journal of Thermal Biology, 82: 52-62, 2019
  • 習慣的に行う運動後アイシングの 有効な冷却温度帯に関する研究、山根基、加藤尊、大西範和、デサントスポーツ科学、 39:94-102、 2017
  • Cutaneous vasomotor adaptation to repeated heat exposure: evidence of adaptation specificity, Notley, S.R., Taylor, E.A., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism, 43(4):415-418, 2017, https://doi.org/10.1139/apnm-2017-0569
  • 認知症ケア看護師養成研修を修了した看護職者のケア体験の分析、小松美砂、田端真、早川正祐、宮﨑つた子、大西範和、日本認知症ケア学会雑誌、16(2) 498-506、 2017
  • Variations in body morphology explain sex differences in thermoeffector function during compensable heat stress, Sean R. Notley, Joonhee Park, Kyoko Tagami, Norikazu Ohnishi, Nigel A. S. Taylor, Experimental Physiology, 102, 545–562,
  • Morphological dependency of cutaneous blood flow and sweating during compensable heat stress when heat-loss requirements are matched across participants, Notley, S.R., Park, J., Tagami, K., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., J Appl Physiol 121: 25-35, 2016.
  • Does regular post-exercise cold application attenuate trained muscle adaptation? Motoi Yamane, Norikazu Ohnishi, Takaaki Matsumoto, International Journal of Sports Medicine, 36, 647-653, 2015

【学会発表】

  • 認知症高齢者と看護職者の関係形成に活用するケアモデル開発のための基礎的研究、小松美砂、早川正祐、大西範和、田端真、竹村和誠、日本老年看護学会第23回学術集会、久留米シティプラザ、久留米市
  • Creating a Questionnaire to Understand the Dynamics of Caring Relationships Between Elderly Dementia Patients and Nurses, Misa Komatsu, Seisuke Hayakawa, Norikazu Ohnishi, Kazunari Takemura Makoto Tabata, Ritsuko Shimizu, Tsutako Miyazaki, , Aging & Society: Eighth Interdisciplinary Conference, Toyo University, Tokyo
  • 多周波数生体電気インピーダンス法による体水分量の推定値と暑熱暴露時の発汗量及び体温との関係、大西範和、斉藤志保、山田怜、八賀莉奈、南部清夏、西村直記、松本孝朗、杉本直俊、第73回日本体力医学会大会、アオッサ・ハピリン、福井市
  • 異なる冷却温度の運動後アイシングが筋力トレーニングに伴う筋の適応に及ぼす影響、山根基、大西範和、第73回日本体力医学会大会、アオッサ・ハピリン、福井市
  • セグメント別BIA法を用いた姿勢変化時の体液分布の経時変化-若年者と高齢者の比較-、西村直記、増尾 善久、杉本直俊、松本孝朗、大西範和、第73回日本体力医学会大会、アオッサ・ハピリン、福井市
  • 皮膚血流変動の部位差について -レーザードップラー法を用いて-、南出実愛、小林瑞季、今井紗英、井後佑那、伊藤巳華、平生裕一郎、大西範和、日本人間工学会東海支部2018年研究大会論文集、38-39、2018
  • 皮膚血流変動の部位差について -Laser Speckle Flowgraphyを用いて-、小林瑞季、南出実愛、今井紗英、井後佑那、伊藤巳華、平生裕一郎、大西範和、日本人間工学会東海支部2018年研究大会論文集、40-41、2018
  • 多周波数生体電気インピータンス法による体液量評価は高齢者の暑熱耐性の指標となるか?、伊藤巳華、井後佑那、今井紗英、小林瑞季、南出実愛、西村直記、松本孝朗、杉本直俊、大西範和、日本人間工学会東海支部2018年研究大会論文集、42-43、2018
  • 多周波数生体電気インピーダンス法による体液量評価の妥当性の検討、大西範和、山田怜、斉藤志保、西村直紀、松本孝朗、杉本直俊、日本人間工学会東海支部2018年研究大会論文集、44-45、2018
  • Measurement of body fluid distribution with posture change using segmental bioelectrical impedance analysis. Naoki Nishimura, Naotoshi Sugimoto, Norikazu Ohnishi, Takaaki Matsumoto, Yoshihisa Masuo, and Satoshi Iwase, Experimental Biology Chicago 2017, FASEB J April 2017 31:lb856
  • Evidence that cutaneous vasomotor adaptation may be influenced by the nature of the heat-acclimation method. Notley, S.R., Taylor, E.A., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., Experimental Biology Chicago 2017, FASEB J April 2017 31:1085.3
  • 暑熱負荷時の発汗量と多周波数生体電気インピーダンス法による体水分量の評価-若年者と高齢者の比較-、斉藤志保、山田怜、八賀莉奈、南部清夏、大西範和、西村直記、松本孝朗、杉本直俊、日本人間工学会東海支部2017年研究大会
  • Body morphology appears not to influence thermoeffector function during uncompensable heat adaptation. Notley, S.R., Taylor, E.A., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., The 17th International Conference on Environmental Ergonomics. Kobe, Japan
  • The relationship between body water content measured by bioelectric impedance analysis and whole body sweat loss and body temperature in response to heat exposure. Ohnishi Norikazu, Nagasoe Erika, Nakai Wakana, Nishimura Naoki, Matsumoto Takaaki, Sugimoto Naotoshi, The 17th International Conference on Environmental Ergonomics. Kobe, Japan
  • 介護入浴向け泡シャワー装置の開発と評価Ⅰ 装置の開発、西濵里英、松島至俊、Huang Ya-wen、近藤晃一、坂本直久、大西範和、斎藤真、大平肇子、小松美砂、長谷川智之、西濵里英、松島至俊、Huang Ya-wen、近藤晃一、坂本直久、松岡敏生、人間工学 Vol.53(Suppl.)、264-265、2017
  • 介護入浴向け泡シャワー装置の開発と評価Ⅱ保温性の評価、大西範和、斎藤真、大平肇子、小松美砂、長谷川智之、松岡敏生、人間工学 Vol.53(Suppl.)、266-267、2017
  • 緩やかに進む冷涼環境曝露に対する手指皮膚血管反応の個人差について、大西範和、山根基 人間工学52(Suppl.)、192-193、2016
  • におい刺激に対する快・不快度が発汗反応に与える影響、長谷博子、佐橋那央子、平林由果、内田有紀、大西範和、人間工学52(Suppl.)、194-195、2016
  • 三重県における産学官による看工連携の取り組み、松岡敏生、斎藤真、大西範和、人間工学52(Suppl.)、18-19、2016
  • 暑熱曝露時の体温変化及び発汗量と体水分分布との関係について-多周波数生体電気インピーダンス法活用の可能性-、長副恵里加、中井和佳奈、大西範和、西村直紀、松本孝朗、杉本直俊、日本人間工学会東海支部2016年研究大会論文集、15-16、2016
  • Morphological determination of sweating and skin blood flow in humans, Notley, S.R., Park, J., Tagami, K., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S., Proceedings of 6th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (PPTR), At Ljubljana, December 5th-9th, 2016.
  • 緩やかな室温低下に対する「寒がり」や「暑がり」を自覚する人の体温調節反応、大西範和、日本生気象学会雑誌52(3) :S17, 2015
  • 筋横断面積と骨塩量・骨密度の関係-上腕筋横断面積と橈骨遠位部の関係を若年者女性と中高年女性で比較する- 大西敦子,大西範和,奥森晴香,菊池太郎,山本純子,山下剛範,加藤尊、日本人間工学会東海支部2015年研究大会論文集、20-21、2015
  • 冷え性自覚者とそうでない人の冷涼環境への曝露に対する手指皮膚血管反応- 皮膚血管収縮閾値の部位差について-、 豊田祐子,鈴木真由伽,小林菜月,大西範和、日本人間工学会東海支部2015年研究大会論文集、28-29、2015
  • 冷え性自覚者とそうでない人の冷涼環境への曝露に対する手指皮膚血管反応-異なる部位における手指皮膚血流変動の違いについて-、 鈴木真由伽,小林菜月,豊田祐子,大西範和、日本人間工学会東海支部2015年研究大会論文集、30-31、2015
  • 冷え性自覚者とそうでない人の冷涼環境への曝露に対する手指皮膚血管反応-Video Microscope法とlaser-Doppler法による手指皮膚血流量の比較-、 小林菜月,豊田祐子,鈴木真由伽,大西範和、日本人間工学会東海支部2015年研究大会論文集、32-33、2015
  • Individual differences in thermoeffector function in the heat: morphological variations help determine effector activation. Notley, S.R., Park, J., Tagami, K., Ohnishi, N., and Taylor, N.A.S. Extreme Physiology & Medicine. 4(Suppl. 1):A102, 2015
  • Postural influences on sweating: exploring the effects of gravity and pressure. Ohnishi, N., Notley, S.R., Park, J., Tagami, K., Burdon, C.A., Taylor, E.A., and Taylor, N.A.S.  Extreme Physiology & Medicine. 4(Suppl. 1):A154, 2015

【  】

 

 

【  】

 

社会活動

  • みえメディカルバレープロジェクト企画推進委員(2009年~現在)
  • 三重県生涯学習センター運営協議会委員(2014年~2016年)
  • 三重県社会福祉協議会「シニア生き生きチャレンジ教室」講師(2015年~現在)
  • 三重県立図書館公開講座講師「よくわかる! 熱中症~夏の暑さを乗り越えろ!~」(2014年)
  • 津市中央公民館「寿大学」講師「暑い夏、熱中症対策で乗り切ろう」(2014年)
  • 安城市スポーツ指導者養成講習会講師「スポーツ障害」(2011~現在)
  • 津市森林セラピー基地運営協議会専門委員会委員(2010年)
  • 小牧市シルバースポーツ大学講師(2003~2007年)
  • 小牧市スポーツ指導者レベルアップ講座講師(2000~2006年)
  • 健康運動指導士養成講習会講師(1998・2001・2005年)
  • (財)日本体育協会公認スポーツ指導員養成講習会講師(2002~2004年)
  • みよし市体育協会スポーツ指導者講習会講師(2007~2013年)
  • 三重県立看護大学地域交流センター事業「みかん大健康バドミントン教室」の開催(2010~2012年、2017年)

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本生理学会(評議員)
  • 日本体力医学会(評議員)
  • 日本生気象学会(評議員) 
  • 日本人間工学会(代議員東海支部役員)
  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会(評議員)
  • 日本バイオメカニクス学会
  • 日本生理人類学会
  • 日本発汗学会

 

その他

 

トップに戻る