大平 肇子

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 母性看護学概論
  • 母性看護方法Ⅰ
  • 母性看護方法Ⅱ
  • 母性看護学実習
  • 助産論Ⅰ
  • 助産論Ⅱ
  • 助産論Ⅲ
  • 助産学実習
  • 看護総合実習
  • 卒業研究

【大学院看護学研究科】

  • 看護研究概論
  • 母性看護学特論
  • 母性看護学演習ⅠA
  • 母性看護学演習ⅡA
  • 母性看護学演習ⅢA
  • 母性看護学特別研究Ⅰ
  • 母性看護学特別研究Ⅱ
  • 母性看護学特別研究Ⅲ
  • 母性看護学演習ⅠB
  • 母性看護学演習ⅡB
  • 母性看護学演習ⅢB
  • 母性看護学演習ⅣB
  • 母性看護学援助論Ⅰ(周産期医療ケア)
  • 母性看護学援助論Ⅱ(女性医療ケア)
  • 母性看護学臨地教育実習Ⅰ
  • 母性看護学臨地教育実習Ⅱ
  • 母性看護学実習Ⅰ
  • 母性看護学実習Ⅱ
  • 母性看護学課題研究Ⅰ
  • 母性看護学課題研究Ⅱ
  • 母性看護学課題研究Ⅲ 

最終学歴

  • 平成23年9月 大阪府立大学大学院看護学研究科看護学専攻博士(後期)課程 修了

 

学位

  • 平成18年3月 修士(看護学)(三重県立看護大学)
  • 平成23年9月 博士(看護学)(大阪府立大学)

 

職歴

  • 平成  9年4月 三重県立看護大学  助手
  • 平成19年4月 四日市看護医療大学 看護学部 専任講師
  • 平成23年4月 四日市看護医療大学 看護学部・看護学研究 准教授
  • 平成27年4月 三重県立看護大学  教授
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 月経周期に関連した健康課題への支援
  • 女性のライフサイクルに沿った健康増進のための支援
  • 子ども虐待予防のための看護職のアセスメントに関する研究
  • リラクセーション効果に関する研究
  • 女性のテレワークと健康課題

 

共同研究可能テーマ

  • 月経周期に関連した健康課題への支援に関する研究
  • 女性のライフサイクルに沿った健康増進のための支援
  • 更年期女性の健康支援
  • 子ども虐待予防のための看護職のアセスメントに関する研究
  • ウィメンズヘルスにおける人間工学的アプローチに関する研究(月経とヒューマンエラー、夜勤労働等)

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【著書】

  • 村本淳子、大平肇子:子育て世代包括支援システムの構築、福井トシ子編.助産師業務要覧 アドバンス編 第3版2019年版、日本看護協会出版会、52-58、2019.

【学術論文】

  • 岩田朋美、永見桂子、二村良子、和智志げみ、大平肇子、堂本万紀、松本亜紀、市川陽子、田中利枝:助産師としての自律および助産実践能力向上に関する中堅助産師の認識、三重県立看護大学紀要、第21巻、45-55,2017.
  • 岩田朋美、永見桂子、二村良子、和智志げみ、大平肇子、堂本万紀、松本亜紀、市川陽子、田中利枝:助産師としての自律および助産実践能力向上に関する指導的立場にある助産師の認識、三重県立看護大学紀要、第21巻、57-68、2017.
  • 斎藤真、中務隆弘、池浦良淳、大平肇子、松井真弓、長谷川智之:マルチ画面型VDT使用時のオペレータの生体負担、産業人間工学研究、第15巻 第1号、1-6、2014.
  • 牛之濱久代、中島通子、大平肇子、日比千恵、石川康代:学生の分娩介助の同意に関わる現状と産婦の想い、母性衛生 第55巻1号、190-197、2014.
  • 大平肇子、飯田加寿子、鈴木敦子、山本美佐子、牛之濱久代、橋爪永子、日比千恵、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:子ども虐待予防の先進的B地域における看護職の子ども虐待に対する認識とアセスメント、四日市看護医療大学 紀要第7巻 第1号、29-38、2014.
  • 牛之濱久代、日比千恵、大平肇子、鈴木敦子、飯田加寿子、橋爪永子、山本美佐子、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:A県の周産期に関わる看護職の子ども虐待に対する認識および対応の現状と課題、四日市看護医療大学紀要 第7巻 第1号、9-19、2014.
  • 橋爪永子、大平肇子、飯田加寿子、鈴木敦子、山本美佐子、牛之濱久代、日比千恵、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:看護系大学教員の子ども虐待に関する認識、四日市看護医療大学紀要 第7巻 第1号、39-48、2014.
  • 日比千恵、鈴木敦子、牛之濱久代、大平肇子、橋爪永子:子ども虐待事例検討会の実践報告 -関係機関・関係職種との連携に関する現状と参加者の気づきに焦点をあてて-、四日市看護医療大学紀要 第7巻 第1号、49-55、2014.
  • 大平肇子、町浦美智子、斎藤 真、村本淳子:月経前症候群の症状を有する女性に対する呼吸法のリラクセーション効果、母性衛生 第53巻 4号、497-504、2013.
  • 大平肇子、飯田加寿子、鈴木敦子、山本美佐子、牛之濱久代、橋爪永子、日比千恵、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:すべての看護職が使える子ども虐待予防活動のためのアセスメント指標の開発と効果判定 第2報 -A県の看護職における子ども虐待のケア経験の違いによる虐待への姿勢と取り組みの現状―、四日市看護医療大学紀要 第6巻 第1号、19-28、2013.
  • 飯田加寿子、大平肇子、鈴木敦子、牛之濱久代、山本美佐子、橋爪永子、日比千恵、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:すべての看護職が使える子ども虐待予防活動のためのアセスメント指標の開発と効果判定 第1報、A県内における子ども虐待に対する看護職の認識の概要、四日市看護医療大学紀要 第6巻 第1号、9-17、2013.
  • 栗原喜代子、牛之濱久代、日比千恵、橋爪永子、大平肇子、飯田加寿子、山本美佐子、鈴木敦子:子ども虐待に関する事例検討会の実践報告 -参加者がとらえた「気づき・学び」を中心に-、四日市看護医療大学紀要 第6巻 第1号、30-38、2013.
  • 大平肇子、永見桂子、二村良子、斎藤 真、村本淳子:成熟期女性の月経周期と呼吸法による主観的効果に関する研究、母性衛生 第49巻 4号、476-483、2009

【報告書・その他】

  • 鈴木敦子、牛之濱久代、橋爪永子、大平肇子、飯田加寿子、山本美佐子、日比千恵、栗原喜代子、楢木野裕美、上野昌江:科学研究費助成事業・研究成果報告書、すべての看護職が使える子ども虐待予防活動のためのアセスメント指標の開発と効果判定、2014.
  • 大平肇子、町浦美智子、斎藤真、竹村淳子:科学研究費助成事業・研究成果報告書、月経前症候群のある女性のQOL向上を目指した呼吸法の有用性、2013.

【学会発表】

  • 市川陽子、大平肇子、永見桂子、長谷川智之、斎藤真:月経周期が夜間のVDT作業時の生体負担におよぼす影響、日本人間工学会第59回大会 (仙台)、2018.
  • 斎藤真、池浦良淳、長谷川智之、大平肇子、市川陽子、岡根利津、松井真弓:マルチ画面型VDT作業時の注視点分布特性、日本人間工学会第59回大会 (仙台)、2018.
  • 門馬光里、岩田朋美、大平肇子:A県の病院で働く助産師の自律に対する認識とその関連要因、第59回日本母性衛生学会 (新潟)、2018.
  • 広瀬可純、岩田朋美、大平肇子:子どもがNICUに入院している母親に対する母乳育児支援ー産科病棟の看護職が行う支援に焦点をあてて―、第59回日本母性衛生学会 (新潟)、2018.
  • 市川陽子、大平肇子、長谷川智之、斎藤真:夜間の精神作業に伴う生体負担と月経周期の関係、日本人間工学会第58回大会(千葉)、2017.
  • 西濱里英、松島至俊、Hung Ya-wen、近藤晃一、坂本直久、大西範和、佐藤誠、大平肇子、小松美砂、長谷川智之、松岡敏生:介護入浴向け泡シャワー装置の開発と評価Ⅰ 装置の開発、日本人間工学会58回大会(千葉)、2017.
  • 大西範和、斎藤真、大平肇子、小松美砂、長谷川智之、西濱里英、松島至俊、Hung-Ya-wen、近藤晃一、坂本直久、松岡敏生:介護入浴向け泡シャワー装置の開発と評価Ⅱ 保温性の評価、日本人間工学会第58回大会(千葉)、2017.
  • Tomomi Iwata,Motoko Ohira,et al., New midiwives supporting postpartum mothers to review and integrate their birth experiences、31st ICM Triennial Congress(Canada)、2017.
  • 石川優子、二村良子、大平肇子、永見桂子:育児休業中の体験が復職後の助産師キャリアに与える意義、第58回日本母性衛生学会(兵庫)、2017.
  • 野間由美、浦野茂、大平肇子、永見桂子:助産外来で支援している助産師の10代の妊婦に対する認識、第58回日本母性衛生学会(兵庫)、2017.
  • 刀根奈津美、大平肇子、永見桂子:ピアグループで出産体験の振り返りをすることにより帝王切開を経験した女性に何が生じているか、第58回日本母性衛生学会(兵庫)、2017.
  • 田畑純芽、岩田朋美、大平肇子:褥婦に対する退院後の育児に向けた支援の実施状況と影響要因、第58回日本母性衛生学会(兵庫)、2017.
  • 堂本万紀、岩田朋美、松本亜紀、市川陽子、二村良子、大平肇子、永見桂子:助産師基礎教育における出産体験の振り返り支援ーテキストからみた変遷ー、第32回三重母性衛生学会、
  • 大平肇子、松井真弓、犬飼さゆり、長谷川智之、今田葉子、村本敦子、斎藤真:卵胞期・黄体期における疲労感および精神負担感、日本人間工学会第57回大会(津市)、2016.
  • Tsutako miyazaki.Motoko Ohira et al,Prenatal and infancy mother and child care from conception on what can educational institutions、21th ISPCAN(CANADA)、2016.
  • 松井真弓、三沢哲夫、長谷川智之、大平肇子、斎藤真:月経周期の違いが疲労感と精神負担感に与える影響、産業保健人間工学会(東京)、2016.
  • 鈴木優菜、岩田朋美、大平肇子:早期流産を経験した女性に対するグリーフケアの実施状況と関連要因、第57回日本母性衛生学会(東京)2016.
  • 大平肇子、町浦美智子:月経前症候群で悩む女性が実践したリラックス呼吸法の体験の分析、第55回日本母性衛生学会(千葉市)、2014.
  • Motoko Ohira, Michiko Machiura: .Effects of Relaxation Breathing Method on Relieving PMS Symptoms as a Midwifery Care, The International Confederation of Midwives 30th Triennial Congress (Prague) ,2014.
  • Mitiko Nkashima, Hisayo Usinohama, Motoko Ohira, Chie Hibi, Yasuyo Isikawa: Study on consent of pregnant women at childbirth for assisted biths by students at nursing colleges in Japan, The 16th East Asian Forum of Nursing Scholars (Bangkok), 2013.
  • 大平肇子、牛之濱久代、日比千恵:看護職の子ども虐待に対する認識その2 -周産期に関わる看護職の子ども虐待に対する認識-、第53回日本母性衛生学会(福岡市)、2012.
  • 日比千恵、牛之濱久代、大平肇子:看護職の子ども虐待に対する認識その1 -助産師の子ども虐待に対する認識-、第53回日本母性衛生学会(福岡市)、2012.
  • Motoko Ohira, Michiko Machiura: Characteristics of Menstrual Symptoms in Japanese Women, The 9th International Conference of the Global Network of  WHO Collaborating  Centers for Nursing and Midwifery, Kobe Portopia Hotel (Kobe),2012.

【報告書・その他】

 

社会活動

  • 三重県看護協会特別委員会研究倫理委員
  • 三重県男女共同参画審議会委員
  • 日本人間工学会第6期代議員

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本母性衛生学会
  • 日本母性看護学会
  • 日本助産学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本人間工学会

 

その他

 

トップに戻る