永見 桂子

 

担当授業科目

【看護学部】 

  • 母性看護学概論
  • 母性看護方法Ⅰ(ライフサイクル各期の看護)
  • 母性看護方法Ⅱ(マタニティサイクル各期の看護)
  • 母性看護学実習
  • 助産論Ⅰ(助産診断)
  • 助産論Ⅱ(助産技術)
  • 助産論Ⅲ(相談・教育技術)
  • 助産学実習
  • 看護総合実習
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業研究(平成28年度以前入学生)

【大学院看護学研究科】

  • 母性看護学特論
  • 母性看護学演習ⅠA
  • 母性看護学演習ⅡA
  • 母性看護学演習ⅢA
  • 母性看護学特別研究Ⅰ
  • 母性看護学特別研究Ⅱ
  • 母性看護学特別研究Ⅲ
  • 母性看護学演習ⅠB
  • 母性看護学演習ⅡB
  • 母性看護学演習ⅢB
  • 母性看護学演習ⅣB
  • 母性看護学援助論Ⅰ(周産期医療ケア)
  • 母性看護学援助論Ⅱ(女性医療ケア)
  • 母性看護学臨地教育実習Ⅰ
  • 母性看護学臨地教育実習Ⅱ
  • 母性看護学実習Ⅰ
  • 母性看護学実習Ⅱ
  • 母性看護学課題研究Ⅰ
  • 母性看護学課題研究Ⅱ
  • 母性看護学課題研究Ⅲ
  • 母性看護学特別研究(平成30年度以前入学生)

 

最終学歴

  • 1982年3月 京都大学医療技術短期大学部専攻科助産学特別専攻 修了
  • 1997年3月 佛教大学通信教育部文学部国文学科 卒業
  • 2002年3月 三重大学大学院生物資源学研究科(博士前期課程)生物資源利用学専攻 修了

 

学位

  • 1997年3月 学士(文学)(佛教大学)
  • 2002年3月 修士(生物資源学)(三重大学)

 

職歴

  • 1982年4月 京都大学医学部附属病院看護部 助産師(文部技官)
  • 1986年4月 三重県立看護短期大学専攻科助産学専攻 助手
  • 1996年4月 三重県立看護短期大学専攻科助産学専攻 講師(2000年3月まで)
  • 1997年4月 三重県立看護大学看護学部看護学科 講師
  • 2001年4月 三重県立看護大学大学院看護学研究科 講師
  • 2005年4月 三重県立看護大学 助教授
  • 2007年4月 三重県立看護大学 准教授
  • 2008年1月 三重県立看護大学 教授
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 周産期の母子とその家族支援に関する研究
  • 助産師の生涯学習支援に関する研究
  • 女性の性周期に伴う変化とその援助に関する研究

 

 

共同研究可能テーマ 

  • 周産期母子ケアに関する研究
  • 助産師教育に関する研究
  • 女性の性周期と健康支援に関する研究

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【著書(訳書を含む。)】

  1. 村本淳子、髙橋真理編:ウィメンズヘルスナーシングウィメンズヘルスナーシング概論 女性の健康と看護 第2版、(担当部分229-232)、ヌーベルヒロカワ、2011

【学術論文】

  1. 岩田朋美、浦野茂、永見桂子:妊娠中期の切迫早産妊婦が妊娠継続における目標を設定する過程(第1報)―切迫早産妊婦が妊娠継続における目標の設定に際して行う考慮―、母性衛生59(1)、145-153、2018
  2. 野内香純、永見桂子:不妊治療後第一子の育児期にある夫婦の関係性変容の様相、母性衛生58(4)、557-566、2018
  3. 田中利枝、和智志げみ、永見桂子、二村良子、岩田朋美、西澤麻里子:助産師不足・地域偏在を抱えたA県施設助産師の臨床実践能力育成における課題、母性衛生58(4)、664-672、2018
  4. 岩田朋美、浦野茂、永見桂子:母体搬送後長期入院となった妊婦の搬送から分娩に至るまでの体験、三重県立看護大学紀要21、33-44、2018
  5. 岩田朋美、永見桂子、二村良子、和智志げみ、大平肇子、堂本万起、松本亜希、市川陽子、田中利枝:助産師としての自律および助産実践能力向上に関する中堅助産師の認識―A県委託事業における質問紙調査より―、三重県立看護大学紀要21、45-55、2018
  6. 岩田朋美、永見桂子、二村良子、和智志げみ、大平肇子、堂本万起、松本亜希、市川陽子、田中利枝:助産師としての自律および助産実践能力向上に関する指導的立場にある助産師の認識―A県委託事業における質問紙調査より―、三重県立看護大学紀要21、57-68、2018
  7. 和智志げみ、岩田朋美、二村良子、永見桂子、西澤麻里子、田中利枝:助産師確保に課題を抱えるA県における施設助産師の教育ニード・学習ニード、母性衛生57(4)、733-742、2017
  8. 二村良子、永見桂子:母性看護学実習前の客観的臨床能力試験(OSCE)において模擬患者(SP)を体験した臨床助産師の認識、三重県立看護大学紀要20、35-43、2017
  9. 田中利枝、長沼貴美、永見桂子:早産児の母親の育児に関する国内研究の現状と課題、母性衛生57(2)、467-474、2016
  10. 和智志げみ、浦野茂、永見桂子:授乳支援場面における助産師と母親の相互行為―エスノメソドロジーによる分析―、母性衛生55(4)、700-710、2015
  11. 二村良子、﨑山貴代、田中利枝、永見桂子:母性看護学実習前の客観的臨床能力試験(OSCE)への臨床助産師による模擬患者(SP)導入における看護学生の体験を通した認識、三重県立看護大学紀要18、17-25、2015
  12. 田中利枝、永見桂子、盆野元紀、權野さおり、藤代朋子:早産児を出産した母親の母乳育児をとおした思い、母性衛生55(1)、172-181、2014
  13. 田中利枝、永見桂子、和智志げみ、盆野元紀、權野さおり、藤代朋子、藤原京子:早産児を出産した母親が母乳育児を通して母親としての自己を形成していく過程、母性衛生55(2)、405-415、2014

【学会発表】

  1. 堂本万起、永見桂子、小池敦:若年女性の冷え症とヘルスプロモーション行動としての着衣行動の関係、第59回日本母性衛生学会学術集会(新潟市)、2018
  2. Iwata,T., Ohira,M., Domoto,M., Nimura,R., Nagami,K., Matsumoto,A.:New midwives’ support for postparum mothers in reviewing their childbirth experiences, 31th International Confederation of Midwives Triennial Congress(Toronto)第31回ICM大会(トロント), 2017
  3. 野間由美、浦野茂、大平肇子、永見桂子:助産外来で支援している助産師の10代の妊婦に対する認識、第58回日本母性衛生学会学術集会(神戸市)、2017
  4. 石川優子、二村良子、大平肇子、永見桂子:育児休業中の体験が復職後の助産師のキャリアに与える意義、第58回日本母性衛生学会学術集会(神戸市)、2017
  5. 刀根奈津実、大平肇子、永見桂子:ピアグループで出産体験の振り返りをすることにより帝王切開を経験した女性に何が生じているか、第58回日本母性衛生学会学術集会(神戸市)、2017
  6. 二村良子、永見桂子、大橋一友:看護管理者が不十分と考える中堅助産師の実践能力、第58回日本母性衛生学会学術集会(神戸市)、2017
  7. 岩田朋美、和智志げみ、田中利枝、松本亜希、西澤麻里子、二村良子、永見桂子:研修事業を通した指導的立場にある助産師の認識―自らの助産師としての自律・指導者としての課題・施設における実践能力向上に必要な卒後教育―、第30回日本助産学会学術集会(京都市)、2016
  8. 高橋恭子、大平光子、永見桂子:第1子を予定帝王切開で出産することが妊娠中期までに決定した女性の出産までの体験―女性自身の語りから―、第57回日本母性衛生学会学術集会(東京)、2016
  9. 野田祐里子、永見桂子:在日外国人女性が日本で初めて第1子を育児するうえでの困難と支援の実際―産科病棟勤務助産師の視点から―、第57回日本母性衛生学会学術集会(東京)、2016
  10. 岩田朋美、和智志げみ、田中利枝、西澤麻里子、二村良子、永見桂子:研修事業をとおした中堅助産師が認識する自己の課題と必要とする卒後教育―研修修了時のアンケート調査より―、第29回日本助産学会学術集会(東京)、2015
  11. 和智志げみ、西澤麻里子、岩田朋美、田中利枝、二村良子、永見桂子:A県における施設助産師の自己の目標・課題への取り組み、第29回日本助産学会学術集会(東京)、2015
  12. 杉山泰子、二村良子、永見桂子:20代の妊娠先行婚女性にとっての妊娠と結婚―出産に至るまでの経験と課題―、第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会(横浜市)、2015
  13. 岩田朋美、浦野茂、永見桂子:妊娠中期の切迫早産妊婦が入院を契機とした目標を設定する過程(第1報)―目標設定に至る判断過程―、第56回日本母性衛生学会学術集会(盛岡市)、2015
  14. 岩田朋美、浦野茂、永見桂子:妊娠中期の切迫早産妊婦が入院を契機とした目標を設定する過程(第2報)―最終目標に至るまでの気持ち―、第56回日本母性衛生学会学術集会(盛岡市)、2015
  15. 常田裕子、遠藤俊子、小林康江、渡邉竹美、清水嘉子、奥村ゆかり、永見桂子、齋藤益子:助産師基礎教育における産婦ケア能力の獲得に関する研究―卒業後の産婦ケア能力の縦断調査からの分析―、第56回日本母性衛生学会学術集会(盛岡市)、2015

【報告書・その他】

  • 永見桂子、二村良子、和智志げみ:施設助産師の臨床実践能力の継続的育成を目指した研修体制構築に関する研究、平成24~26年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)研究成果報告書(課題番号:24593386)、2016

社会活動

  • 三重県助産師出向支援導入事業協議会委員
  • 三重県助産師養成確保に関する懇話会委員
  • 三重県胎児・新生児研究会世話人
  • 三重看護研究会
  • 三重県委託事業「新人助産師合同研修事業」「助産師(中堅者)研修事業」事業責任者

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本母性衛生学会
  • 日本母性看護学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本助産学会
  • 日本生殖看護学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本女性医学会
  • 日本災害看護学会
  • 日本看護学教育学会
  • 三重母性衛生学会(2009年4月~常任理事)

 

その他

 

トップに戻る