脇坂 浩

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 成人看護方法Ⅰ
  • 成人看護方法Ⅳ
  • 成人看護学実習Ⅰ
  • 看護総合実習
  • 災害看護論
  • 卒業研究

【大学院看護学研究科】

  • 成人急性期看護学特論
  • 成人急性期看護学演習Ⅰ
  • 成人急性期看護学演習Ⅱ
  • 成人急性期看護学演習Ⅲ
  • 成人急性期看護学特別研究Ⅰ
  • 成人急性期看護学特別研究Ⅱ
  • 成人急性期看護学特別研究Ⅲ

 

最終学歴

  • 1992年3月 北里大学看護学部看護学科 卒業
  • 2001年3月 北里大学大学院看護学研究科修士課程感染看護学分野 修了
  • 2018年3月 愛知県立大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程 修了

 

学位

  • 2001年3月 修士(看護学)(北里大学)
  • 2018年3月 博士(看護学)(愛知県立大学)

 

職歴

  • 1992年4月 北里大学病院看護師
  • 2003年4月 北里大学看護学部臨床看護学 助手
  • 2006年4月 北里大学看護学部臨床看護学 講師
  • 2008年4月 北里大学看護キャリア開発・研究センター 認定看護師教育課程「感染管理」主任教員
  • 2009年5月 三重県立看護大学成人看護学准教授
  • 2011年4月~2014年2月 三重県立看護大学地域交流センター 認定看護師教育課程「感染管理」主任教員
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 介護施設におけるアウトブレイクの感染制御体制・専門家教育課程の構築に関する研究(科学研究費助成事業基盤研究C;研究代表者)
  • 高齢者介護施設におけるインフルエンザ感染制御体制と排泄物取扱い方法に関する研究(科学研究費補助金基盤研究C;研究代表者)

 

共同研究可能テーマ

  • 感染管理・制御に関連した看護研究(感染症対策システム、集団感染対策、手指衛生推進など)
  • クリティカルな状態から回復した患者・家族の体験の明確化に関する研究

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【著書(訳書を含む。)】

  • 脇坂浩、奥野茂代(監修)、大西和子(監修)、百瀬由美子(編集):第7章老年期に特有な健康障害と看護「感染症」、老年看護学概論と看護の実践第6版、出版社:ヌーヴェルヒロカワ、360-369、2019.
  • 脇坂浩、山勢博彰(編集)、山勢善江(編集):第3章感染管理の実際、救命救急ディジーズ、390-400、学研メディカル秀潤社、2015.
  • 脇坂浩、日本クリティカルケア看護学会(監修):第3章感染予防(スタンダードプリコーション)、人工呼吸器離脱のための標準テキスト、98-102、学研メディカル秀潤社、2015.

【学術論文】

  • 脇坂浩、村吉竹美:オムツ交換時の手指衛生遵守率向上に向けた動画教育の効果、感染管理看護研究会誌、8(1)、1-6、2019
  • 中村真弓、脇坂浩:口腔ケアの感染予防に関する文献レビュー、感染管理看護研究会誌、7(1)、1-11、2018.
  • 脇坂浩、西川有子:新型インフルエンザA(H1N1)pdm09に感染した看護師が感じたこと、感染管理看護研究会誌、6(1)、6-11、2017.
  • 水谷伸也、脇坂浩:介護老人保健施設における高頻度接触表面の特定および環境表面の汚染度調査、感染管理看護研究会誌、6(1)、1-5、2017.
  • 脇坂浩、佐脇あゆ美:精神科病院の看護師における手指衛生場面と手指衛生遵守率の検討、感染管理看護研究会誌、5(1)、1-7、2016.
  • 脇坂浩、橋本寿久、清水宣明:地域の感染症対策における保健師の活動実態と研修ニーズ、日本環境感染学会誌、30(2)、140-147、2015.
  • 脇坂浩、清水宣明:A県の高齢者介護施設における感染症対策のアンケート調査、日本環境感染学会誌、29(5)、354-360、2014.

【学会発表】

  • 榊間悠平、脇坂浩、谷口仁美、増田有希乃、水谷伸也:直観を生かしたケアを行うICU/CCU看護師の家族支援の特性、第38回日本看護科学学会学術集会、2018.
  • 前出侑紀、脇坂浩:ICUにおける活動型・低活動型せん妄に対する看護師の認識、第38回日本看護科学学会学術集会、2018.
  • 村吉竹美、脇坂浩:オムツ交換における手指衛生のタイミング動画の導入と直接観察法、第18回日本感染看護学術集会、2018.
  • 脇坂浩:A県の1特別養護老人ホームにおいて生じたインフルエンザのアウトブレイクの感染伝播動態の解析、第44回日本看護研究学会学術集会、2018.
  • 谷口仁美、脇坂浩、榊間悠平:直観を生かしたケアを行うICU/CCU看護師による急性心筋梗塞患者の家族に対する看護の特性、第37回日本看護科学学会学術集会、2017.
  • 榊間悠平、脇坂浩、谷口仁美:直観を生かしたケアを行うICU/CCU看護師による脳血管疾患患者の家族支援の特性、第37回日本看護科学学会学術集会、2017.
  • 冨島美佐、脇坂浩:結石破砕患者を中心とした耐性菌対策の効果、第32回日本環境感染学会総会・学術集会、2017.
  • 増田有希乃、脇坂浩:CCUエキスパートナース看護師による急性心筋梗塞により緊急入院した壮年期患者の家族への関わりの特性、第36回日本看護科学学会学術集会、2016.
  • 水谷伸也、荒木志帆、脇坂浩:開心術後における早期離床を促進する看護師の判断プロセス、第36回日本看護科学学会学術集会、2016.
  • 冨島美佐、脇坂浩:血液透析床を持つ一病院の患者と職員におけるインフルエンザ感染に対するインフルエンザワクチン接種と予防投与における検討、第47回日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術集会、2016.
  • 水谷伸也、脇坂浩:ATP拭き取り検査法を用いた介護老人保健施設における環境表面の汚染状況調査、第31回日本環境感染学会総会・学術集会、2016.
  • 西川有子、脇坂浩:パンデミックインフルエンザに感染した看護師の心理的社会的変化、第31回日本環境感染学会総会・学術集会、2016.
  • 佐脇あゆ美、脇坂浩:精神科病院の看護師における手指衛生遵守率と手指衛生行動との関連性の検討、第31回日本環境感染学会総会・学術集会、2016.
  • 脇坂浩、橋本寿久、西川有子、佐脇あゆ美:わが国における感染患者の心理的側面に関する文献検討、日本環境感染学会誌、30(Suppl)、426、2015.
  • 橋本寿久、脇坂浩、清水宣明:地域の感染症対策を担う保健師の活動実態と研修ニーズ、日本環境感染学会誌、29(Suppl)、504、2014.

【報告書・その他】

  • 脇坂浩、冨島美佐:血液透析施設における2015/2016インフルエンザワクチン接種と予防投与の実態と予防効果、看護実践の科学、43(11)、76-81、2018.10
  • 脇坂浩、日口理沙、中井真央:東日本大震災において初めてこころのケアを実践した看護師の思い、看護実践の科学、41(6)、70-78、2016.
  • 脇坂浩、伊藤美妃:新型インフルエンザA(H1N1)pdm09に対する看護大学生の感染対策の実態、看護展望、40(8)、82-85、2015.
  • 脇坂浩、松下佳奈、森田真由香、小野聡美、足立直輝、中井 拓子:40歳以上の女性看護師における生活習慣と動脈硬化の関連 2交代・3交代制勤務の比較、看護実践の科学、40(5)、54-60、2015.
  • 脇坂浩、森田真由香、松下佳奈、小野聡美、足立直輝、中井拓子:40歳以上の女性看護師における運動習慣と動脈硬化の関連、看護実践の科学、40(4)、65-70、2015.
  • 脇坂浩、伊藤恵美:看護学生の指先と携帯電話におけるMRSA・MRSEの汚染調査、看護技術、61(3)、272-276、2015.
  • 脇坂浩:高齢者介護施設の職員を対象とした感染管理の研究と教育 大学教員の立場から、感染管理看護研究会誌、4(1)、42-44、2015.
  • 脇坂浩、小菅育恵、石井真:感染管理看護におけるチーム医療を見つめ直す 院内感染のアウトブレイク事例を通して、感染管理看護研究会誌、3(1)、35-37、2014.

 

社会活動

  • 感染管理看護研究会会長(2010年~)
  • 感染管理看護研究会誌編集委員長(2010年~)
  • 第10回感染管理看護研究会総会会長(2019)

 

個人ホームページ 

 

 

所属学会

  • 日本看護診断学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本感染看護学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本感染症学会
  • 日本救急看護学会
  • 感染管理看護研究会 

 

その他

  • ハッピースポーツクラブ顧問

トップに戻る