灘波 浩子

担当授業科目

【看護学部】

  • 看護学原論
  • 基礎看護方法Ⅰ
  • 基礎看護方法Ⅱ
  • 基礎看護方法Ⅲ
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 卒業研究

【大学院看護学研究科】

  • 実践基盤看護学演習Ⅰ
  • 実践基盤看護学演習Ⅱ
  • 実践基盤看護学臨地教育実習Ⅰ
  • 実践基盤看護学臨地教育実習Ⅱ

最終学歴

  • 平成22(2010)年3月 三重県立看護大学大学院看護学研究科 看護学専攻社会機能系看護管理学 修了

 

学位

  • 平成22(2010)年3月 修士(看護学)(三重県立看護大学)

 

職歴

  • 平成19(2007)年4月 三重県立看護大学 助手
  • 平成22(2010)年4月 三重県立看護大学 助教
  • 平成27(2015)年4月 三重県立看護大学 講師
  • 平成31(2019)年4月 三重県立看護大学 准教授
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 基礎看護教育の教材・方法の検討

 

共同研究可能テーマ

  • 基礎看護教育の教材・方法の検討
  • 看護師の職務満足・労働環境に関する研究

 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【学術論文】 

  1. 栗谷亜紀、灘波浩子、岡本恵里:看護学実習における看護師としての指導行動に対する自己評価、三重県立看護大学紀要、第19巻、P.31-41、2016

【報告書・その他】

  1. 鈴木聡美、菅原啓太、岡根利津、西川真野、川島珠実、上田貴子、灘波浩子、中西貴美子:コロナ禍における基礎看護学実習Ⅱ学内実習プログラム構築の取り組み、三重県立看護大学紀要(特別号)、25-30
  2. 中北裕子、灘波浩子、日比野直子、川島珠実、長谷川智之、竹村和誠荻野妃那、 山本 翔太、岡根利津、西川真野、小林奈津美、辻まどか、林辰弥:新型コロナウイルス感染症拡大下における本学卒業生の状況-令和元年度卒業生へのアンケート調査結果より-、三重県立看護大学紀要(特別号)、48-58
  3. 菅原啓太、灘波浩子、川島珠実、鈴木聡美、西川真野 米川さや香:新型コロナウイルス感染症の影響下における基礎看護学領域の取り組み-基礎看護方法Ⅱ(日常生活援助技術)におけるTeamsを活用した総合演習グループワーク-三重県立看護、大学紀要(特別号)、59-64 (2020) .
  4. 菅原啓太、灘波浩子、川島珠実、鈴木聡美、岡根利津、西川真野、米川さや香:新型コロナウイルス感染症の影響下における基礎看護学領域の取り組み、-基礎看護方法Ⅳ(診療補助技術)の授業検討から-、三重県立看護大学紀要(特別号)、22-27、2020.

【学会発表】

  1. 灘波浩子、川島珠実、鈴木聡美、菅原啓太、白石葉子、中西貴美子:ペア実習の評価における学生・臨床指導者・看護教員の視点の違い、第40回日本看護科学学会学術集会、P2-010、示説発表(オンデマンド)
  2. 上田愛莉、灘波浩子:学生が実習カンファレンスで気が重い要因、第40回日本看護科学学会学術集会、P2-026、示説発表(オンデマンド)
  3. 牧野汐里、灘波浩子:看護学生が安心と感じる臨地実習の指導体制、第40回日本看護科学学会学術集会、P2-034、示説発表(オンデマンド)
  4. 灘波浩子、岡根利津、川島珠実、鈴木聡美、中西貴美子、白石葉子、菅原啓太:学生2名で患者1名を受け持つ基礎看護学実習方法が3年次実習へ及ぼす影響-学生の評価-、第39回日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-1-06、2019(11/30、第39回日本看護科学学会学術集会発表)
  5. 川島珠実、灘波浩子、鈴木聡美、白石葉子、中西貴美子、岡根利津、菅原啓太:学生2名で患者1名を受け持つ基礎看護学実習方法が3年次実習へ及ぼす影響-臨床指導者・教員の評価-、第39回日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-1-07、2019(11/30、第39回日本看護科学学会学術集会発表)
  6. 伊藤璃奈、灘波浩子:看護大学生の看護師志望度の変化-自己効力感と入学動機に着目して-、第39回日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-25-01、2019(12/1、第39回日本看護科学学会学術集会発表)
  7. 大西理沙、灘波浩子:左利き看護学生が看護技術時に抱く困難感-困難感の要因、対処法、必要な配慮に着目して-、第39回日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-1-19、2019(11/30、第39回日本看護科学学会学術集会発表)
  8. 濵﨑良太、灘波浩子:看護学生の報告行動と性格特性の関連、第39回日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-25-03、2019(12/1、第39回日本看護科学学会学術集会発表)
  9. 谷綾乃、灘波浩子:清拭援助における看護学生と熟練看護師の情報収集の視点と留意点、日本看護科学学会学術集会講演抄録集P1-1-1、2018(12/15、第38回日本看護科学学会学術集会発表)
  10. 小嶋さつき、灘波浩子:実習前看護技術の自己練習に対するA看護大学の4年次学生の考え、日本看護科学学会学術集会講演抄録集P1-1-6、2018(12/15、第38回日本看護科学学会学術集会発表)
  11. 神尾由佳、灘波浩子:認定看護師資格の取得に関して受けた支援と支援に対する思い、日本看護科学学会学術集会講演抄録集P1-3-18、2018(12/15、第38回日本看護科学学会学術集会発表)
  12. 灘波 浩子, 中村 真弓, 鈴木 聡美, 菅原 啓太, 岡本 恵里, 白石 葉子, 中西 貴美子:学生2名で患者名を受け持つ基礎看護学実習方法の評価(1)−学生評価− 、日本看護科学学会学術集会講演抄録集PE-30-9、2017(12/16・17、第37回日本看護科学学会学術集会発表)
  13. 菅原 啓太,灘波 浩子, 鈴木 聡美, 岡本 恵里, 中村 真弓, 白石 葉子, 中西 貴美子:学生2名で患者1名を受け持つ基礎看護学実習方法の評価(2)−臨床指導者・看護教員の評価−、日本看護科学学会学術集会講演抄録集PE-30-10、2017(12/16・17、第37回日本看護科学学会学術集会発表)
  14. 河合 美咲, 灘波 浩子: PNSに対して看護師が抱くメリット・デメリットの経験による違い 、日本看護科学学会学術集会講演抄録集、PA-37-2、2017(12/16・17、第37回日本看護科学学会学術集会発表)
  15. 竹内 瑞季, 灘波 浩子:看護職が重要視している働きがいの要素と看護職チームワークとの関連、日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-37-3、2017(12/16・17、第37回日本看護科学学会学術集会発表)
  16. 坂 佳央理, 灘波 浩子:手術室新人看護師が抱く困難と先輩看護師の効果的な支援、日本看護科学学会学術集会講演抄録集PA-37-4、2017(12/16・17、第37回日本看護科学学会学術集会発表)
  17. 灘波浩子、小池敦:12時間二交代制で働く看護師の生活行動時間-子供の有無による比較-、第21回日本看護管理学会学術集会抄録集297、2017(8/19・20、第21回日本看護管理学会学術集会発表)
  18. 灘波浩子、小池敦:12時間二交代制で働く看護師の身体活動量と睡眠時間、第36回日本看護科学学会学術集会講演抄録集261、2016(12/10・11、第36回日本看護科学学会学術集会発表)
  19. 濱嶋あかり、灘波浩子:総合病院の子育て支援と周囲の理解・協力の実態、第36回日本看護科学学会学術集会講演抄録集252、2016(12/10・11、第36回日本看護科学学会学術集会発表)
  20. 泉地実佑、灘波浩子:実習事故を体験した看護学生の感情と教員のかかわり、第36回日本看護科学学会学術集会講演抄録集254、2016(12/10・11、第36回日本看護科学学会学術集会発表)
  21. 中瀬貴子、灘波浩子、岡本恵里:臨床で働く看護職者のキャリア成熟とワークライフバランスとの関連、第36回日本看護科学学会学術集会講演抄録集P.529、2016(12/10・11、第36回日本看護科学学会学術集会発表)

社会活動

 

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本看護研究学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本看護管理学会

その他

 

トップに戻る