大川 明子

 

担当授業科目

【看護学部】

  • 成人看護学概論
  • 成人看護方法Ⅲ
  • 成人看護方法Ⅳ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
  • 成人看護学実習Ⅱ(慢性・緩和)
  • 看護総合実習

【大学院看護学研究科】

  • 看護研究概論
  • 成人慢性期看護学特論
  • 成人慢性看護学演習Ⅰ
  • 成人慢性看護学演習Ⅱ
  • 成人慢性看護学演習Ⅲ
  • 成人慢性看護学特別研究Ⅰ
  • 成人慢性看護学特別研究Ⅱ
  • 成人慢性看護学特別研究Ⅲ
  • 成人慢性看護学臨地教育実習Ⅰ
  • 成人慢性看護学臨地教育実習Ⅱ
  • 成人慢性看護学課題研究Ⅰ
  • 成人慢性看護学課題研究Ⅱ
  • 成人慢性看護学課題研究Ⅲ

 

最終学歴

  • 1989年3月 藤田学園保健衛生大学・衛生学部・衛生看護学科 卒業
  • 2000年3月 大阪大学大学院・医学系研究科・保健学専攻・博士前期課程 修了

 

学位

  • 2008年3月 博士(医学)(北里大学)
  • 2000年3月 修士(保健学)(大阪大学)
  • 1989年3月 看護学士(藤田学園保健衛生大学)

 

職歴

  • 1989年4月 藤田学園保健衛生大学
  • 2000年4月 三重大学医学部・看護学科 助教(助手)
  • 2004年4月 名古屋市立大学・看護学部 講師
  • 2007年4月 名古屋市立大学・大学院・看護学研究科 講師
  • 2008年4月 名古屋市立大学・看護学部、同大学院・看護学研究科 准教授
  • 2010年4月 名古屋大学・医学部、同大学院・医学系研究科 准教授
  • 2016年9月 四日市看護医療大学・看護学部、同大学院・看護学研究科 教授
  • 2019年4月 三重県立看護大学・看護学部、同大学院・看護学研究科 教授
  • 現在に至る

 

現在の研究課題

  • 高齢透析患者の在宅腹膜透析システムの開発(科学研究費補助金獲得事業(基盤研究(B:研究代表者))
  • 高齢透析患者の非透析日の運動療法システムの構築(科学研究費補助金獲得事業(挑戦的研究(萌芽):研究代表者)
  • がん患者の心理的支援に関する研究
  • がん患者の就労支援に関する研究
  • 在宅患者支援システムに関する研究
  • 訪問看護支援システムに関する研究
  • 遠隔医療支援システムに関する研究

共同研究可能テーマ

  • がん患者の心理的支援に関する研究
  • がん患者の就労支援に関する研究
  • 在宅患者支援システムに関する研究
  • 訪問看護支援システムに関する研究
  • 遠隔医療支援システムに関する研究 

主な研究業績(著書、学術論文等)

【著書(訳書を含む。)】

  • 大西和子・飯野京子・平松玉江編、がん看護学:第12章 リラクセーション担当、286-288、ヌーヴェルヒロカワ、2018.

【学術論文】

  • 近藤三由希、大川明子、梅田徳男:術前がん患者の疾患別のソーシャルサポートに関する研究、愛知県看護教育研究学会誌、Vol.21、pp.17−21、2018.
  • K. Okayama, T. Umeda, A. Okawa, M. Kondo:Development and evaluation of a nutrition management support system using ontology、The Kitasato Medical Journal、vol. 47、pp. 160-168、2018.
  • 梅田徳男、大川明子、岡山和代、近藤三由希、小林美和:外来がん患者を対象とした在宅医療支援システムの構築:北里医学、Vol.47、pp.29-36、2017.
  • 大川明子、梅田德男、前川厚子、近藤三由希、岡山和代:高齢透析患者のICTを利活用した在宅腹膜透析支援システムの構築、愛知県看護教育研究学会誌、Vol.20、pp.15-19、2017.
  • 高畑正子、大川明子、梅田徳男:看護大学生の特性的自己効力感が職業的アイデンティティに与える影響:学生間の比較、中部学院大学看護学部紀要、Vol.5、No.1、pp.27-39、2015.

【学会発表】

  • A. Okawa, T. Umeda, A. Maekawa, M. Kondo, M. Kobayashi:Development of safe transmission system of digitized record notes of home peritoneal dialysis patients using Steganography technology、55th European Renal Association European Dialysis and Transplant Association (55th ERA-EDTA) Copenhagen, Denmark、2018.
  • T. Umeda, A. Okawa, A. Maekawa, M. Kondo, M. Kobayashi:Development of safe archive system of digitized record notes of home peritoneal dialysis patients using Digital-watermark technology、55th European Renal Association European Dialysis and Transplant Association (55th ERA-EDTA) Copenhagen, Denmark、2018.
  • T. Umeda, A. Okawa, K. Okayama, M. Kondo:Development of an electronic system for home peritoneal Dialysis patient record notes、54th European Renal Association European Dialysis and Transplant Association (54th ERA-EDTA) Madrid, Spain、2017.
  • T. Umeda, A. Okawa, K. Okayama, M. Kondo:Development of Support System for Home Peritoneal Dialysis Patients: Addition of Handwriting Input Function to a home PD patient’s record、17th Congress of the International Pediatric Nephrology Association (IPNA2016)、ournal of the Pediatric Nephrology Vol.31 No.10, pp.1926-1927,  Iguacu, Brazil 、2016.
  • A. Mayumi, A. Maekawa, A. Okawa, S. Ando:Education Program for Facilitator of the Palliative Daycare in Japan、International Conference on Cancer Nursing (ICCN) 2015、Vancouver, BC, Canada, 2015.
  • A, Okawa, T. Umeda, A. Maekawa, M. Abe, K. Asaba, K. Okayama, M. Takahata, T. Gomi:Security Model to Ensure Copyright of Medical Information Using Digital Watermarks、International Conference on Cancer Nursing (ICCN) 2015、Vancouver, BC, Canada, 2015.
  • T. Umeda, A. Okawa, T. Gomi:New Security Model for Secure Transmission of Medical Image Data Using Steganography (Best Poster Award 受賞)、International Conference on Informatics, Management, and Technology in Healthcare 2014(Athens, Greece)、2014.
  • 近藤三由希、大川明子:ホルモン療法を受けている乳癌患者の更年期症状と反すうとの関係に関する研究、第33回日本がん看護学会学術集会講演集、p.269、2019.2 福岡国際会議場(2019.2.23-24)
  • 大川明子、前川厚子、浅野みどり、萩典子、小林美和:医療的ケアを要する小児の在宅療養におけるニーズに関する調査、第 38 回日本看護科学学会学術集会、愛媛、2018.
  • 梅田徳男、大川明子、岡山和代、近藤三由希、前川厚子、小林美和:Steganography 技術を用いたバイタルデータ伝送時の安全を確保した在宅看護支援システムの構築、第 37 回日本看護科学学会学術集会、仙台、2017.
  • 近藤三由希、大川明子、梅田徳男、浅塲香、 岡山和代:術前がん患者の反すう傾向と 抑うつ・ソーシャルサポートとの関係に関 する研究、第 37 回日本看護科学学会学術集会、仙台、2017.
  • 岡山和代、梅田徳男、大川明子、本田恵理:オントロジーを用いた栄養管理支援 システムの構築~栄養指導の概念分析~、第 64回日本栄養改善学会学術総会、徳島、2017.
  • 大川明子、梅田徳男、近藤三由希、岡山和代:在宅療養支援システムの構築 -在宅がん患者への看護支援システムの開発を中心として-、電子情報通信学会 2017 年総合大会(名古屋市)予稿集(招待講演)、 pp.S14-15、2017.
  • 梅田徳男、大川明子、大家重明、岡山和代、近藤三由希:医療情報の著作権、秘匿性・安全性の確保を目的とした情報ハイディングシステムの構築、電子情報通信学会 2017 年総合大会(名古屋市)予稿集(招待講演)、 pp.S14-15、2017.
  • 梅田德男、大川明子、前川厚子、近藤三由希:色補正機能を持つ双方向テレビ通話システムを付加した在宅腹膜透析支援システムの構築、第 36 回日本看護科学学会学術集会、O35-4、2016.
  • 大川明子、梅田德男、前川厚子、近藤三由希:高齢透析患者のICTを利活用した在宅 腹膜透析支援システムの構築、第36回日本看護科学学会学術集会、O34-4、2016.
  • 岡山和代、梅田德男、大川明子、本田理恵:オントロジーを用いた糖尿病患者栄養管理支援システムの構築-栄養指導支援ツールの有用性の示唆-、第 63 回日本栄養改善学会学術総会(青森市)2016.9.7-9 [栄養学雑誌 Vol.74、 No.5、p.302、2016.
  • 岡山和代、梅田徳男、大川明子:オントロジーを用いた糖尿病患者栄養管理支援システム構築の検討、第62回日本栄養改善学会学術総会(福岡市)、2015.
  • 梅田徳男、大川明子:地域連携型訪問看護支援システムの構築、第41回日本看護研究学会学術集会(広島)、2015.
  • 大川明子、梅田徳男:一般病棟における看護師の麻薬鎮痛剤使用時の患者教育に関する研究Ⅱ、第41回日本看護研究学会学術集会(広島)、2015.
  • 中島大地、前川厚子、阿部まゆみ、大川明子、児玉康明:退院から在宅での看取りをおこなうがん患者への訪問看護師による支援の現状、第28回日本がん看護学会学術集会(新潟)、2014.
  • 梅田徳男、大川明子:乳がん患者を対象とした外来がん自己管理支援システムの構築Ⅱ-システム評価-、第28回日本がん看護学会学術集会(新潟)、2014.
  • 大川明子、梅田徳男、浅塲 香、阿部まゆみ、前川厚子、安藤詳子:乳がん患者を対象とした外来がん自己管理支援システムの構築Ⅰ-試行結果-、第28回日本がん看護学会学術集会(新潟)、2014.

【報告書・その他】

  • 大川明子、前川厚子、阿部まゆみ、浅野みどり、近藤三由希:医療ケアを要する小児の在宅医療を支援するi-nursingシステムの構築、平成28~29年度 挑戦的萌芽研究成果報告書、2018.
  • 大川明子、他:第107回看護師国家試験問題解説、テコム、2018.
  • 大川明子、他:第106回看護師国家試験問題解説、テコム、2017.
  • 大川明子、他、法橋尚宏編:第105回再現看護師国家試験問題解説書レプリカ‘17、医学評論社、2016.
  • 大川明子、他、法橋尚宏編:第104回再現看護師国家試験問題解説書レプリカ‘16、医学評論社、2015.
  • 阿部 まゆみ、大川明子、石川和宏、佐藤アイ子、清政一二三、中村 千香:在宅ターミナルがん患者支援のためのモバイル版Support Team Action Rating (STAR)開発に関する研究、一般財団法人名古屋市療養サービス事業団平成26年度公益助成事業成果報告書、2015.
  • 大川明子、梅田徳男:終末期がん患者の地域連携支援システムの構築、平成24~26年度 基盤研究C研究成果報告書、2015.
  • 大川明子、他、法橋尚宏編:第103回再現看護師国家試験問題解説書レプリカ‘15、医学評論社、2014.

 

社会活動

  • 2004年9月 第35回日本看護学会、成人看護Ⅰ 座長
  • 2004年11月 名古屋市臨地実習指導者講習会講師(2010まで)
  • 2006年1月 みえメディカル研究会、第2回ヘルスプロモーション産業研究会講演
  • 2008年9月 第39回日本看護学会、成人看護Ⅱ 論文選考委員、座長
  • 2009年4月 愛知県看護協会 研究倫理委員(2011.3まで)
  • 2009年4月 愛知県看護教育研究学会 理事(現在まで)
  • 2009年11月 名工大・名市大合同テクノフェア2009 遠隔看護システム発表
  • 2010年4月 愛知県看護協会 研究倫理委員長(2013.3まで)
  • 2012年11月 東海がんプロフェショナル養成基盤推進プラン 東海地区における緩和ケア連携セミナー 研究レポート
  • 2013年5月 新ヘルスケア産業フォーラム 医療介護現場カイゼン部会にて、「在宅療養支援システムの開発 -訪問看護・リハビリテーションを中心として-」講演
  • 2013年9月 第33回日本看護科学学会学術集会 査読委員
  • 2013年10月 第15回日本看護医療学会学術集会 査読委員
  • 2014年1月 第22回愛知県看護教育研究学会誌 査読委員
  • 2015年4月 愛知県専任教員養成講習会 講師(現在まで)
  • 2016年9月 日本がん看護学会 投稿論文査読委員(現在まで)
  • 2016年9月 日本がん看護学会 代議員(現在まで)
  • 2017年4月 よっかいちキャンサーリボン実行委員会(2019.3まで)
  • 2017年4月 第32回日本がん看護学会学術集会 査読委員
  • 2017年10月 日本看護医療学会 投稿論文査読委員(現在まで)
  • 2018年6月 平成30年度愛知県教務主任養成講習会 講師
  • 2018年4月 第27回愛知県看護教育研究学会 運営委員長
  • 2018年4月 第33回日本がん看護学会学術集会 査読委員
  • 2018年12月第2回三重看護研究会学学術集会 企画委員・査読委員

 

個人ホームページ

 

 

所属学会

  • 日本看護研究学会会員
  • 日本看護教育学会会員
  • 日本看護診断学会会員
  • 日本看護学科学学会会員
  • 日本がん看護学会会員(平成28年~現在、代議員)
  • 日本看護倫理学会会員
  • 日本緩和医療学会会員
  • 愛知県看護教育研究学会会員(平成21年~現在、理事)
  • 日本看護医療学会会員
  • 三重看護研究会会員
  • Radiological Society of North America会員 

その他

 

トップに戻る