環境マネジメント・システム

環境理念

三重県立看護大学は、地球市民の一員として、すべての人類にとって共有すべき課題である地球環境保全の必然性を正しく認識し、キャンパス内において、環境との調和を保つような活動に積極的に取り組み、地球環境保全を考慮した保健、医療、福祉活動が可能となる社会環境の実現を目指します。 このため三重県立看護大学は、2002年から2014年の12年間にわたり、ISO14001認証を取得し積極的に活動した実績を踏まえ、実効性の高さや運用上の負担の軽減を図るため、高等教育機関である本学の特性にあわせた独自の環境マネジメントシステムに則り、継続的な実践を通して環境保全活動の実現に努めます。

 

環境方針

三重県立看護大学は、本学の環境理念のもとに、自らの教育・研究活動及び事務事業活動の中で、環境との調和を保つ環境保全活動に関して常に新たな試みに取り組むよう心がけ、以下の方針について、環境目的・目標の設定とその見直しを定期的に行い、積極的に行動します。

1. 教育・研究活動及び事務事業活動においては、三重県立看護大学に集うすべての人々にとって安全で安心な環境を維持向上させ、環境保全との調和を図ります。

2. すべての教職員が、この環境方針の達成を図ると共に、学生に対しても積極的に啓発教育を行います。

3. 環境マネジメントシステムを定期的に見直し、継続的改善を進め、質的向上を図ります。

4. 環境関連法規及びその他の要求事項を遵守し、環境汚染の予防に努めます。

5. 環境方針は、積極的に公表します。

 

グリーン通信

本学では、学内での環境保全に対する取り組みを紹介するとともに、本学の学生及び教職員等に対して環境に対する意識を高めるためのツールとして、平成28年度から「グリーン通信」を定期的に発行しております。

ここでは、令和元年度以降に発行されたグリーン通信をご紹介します。

グリーン通信第8号

グリーン通信第9号

トップに戻る