ハラスメント防止宣言

ハラスメント防止宣言について

 

公立大学法人三重県立看護大学(以下「本学」という。)は、大学構成員が個人として尊重され、その能力を十分に発揮できるようなキャンパス環境を確保すること及び被害者を救済していくことが重要であると考えています。

ハラスメントは、行為者の意図にかかわらず、性別、社会的立場、人種、国籍、信条、年齢、職業、身体的特徴等の属性もしくは広く人格にかかわる事項等に関する言動によって、相手に不快感、困惑、身体的・精神的苦痛を生じさせ、その尊厳を損なう行為でもあります。本学は、このような行為が生じない環境を確保しなければなりません。また、ハラスメントが生じた場合は、個人の尊厳と人権を擁護するために、厳正な対応をもって解決に努める必要があります。

そのため、本学は「三重県立看護大学 ハラスメント防止等にかかる規程」に基づき、対応と解決のための制度の整備を行うとともに、ハラスメント相談窓口、ハラスメント調整員が適切な対応を行うことでハラスメントのない環境づくりに取り組み、ハラスメントの防止、厳正な対応を行うことを宣言します。

平成31年2月20日

公立大学法人三重県立看護大学 理事長

stop ! harassment

stop!harassment

トップに戻る