学長あいさつ

Michiko Hishinuma

いきいきと看護を探究できる人材を育成します

 本学は、三重県の看護の教育・研究の拠点として、平成9年に三重県内で最初の看護系大学(看護学部看護学科)として開学しました。さらに平成13年4月には看護系大学院(看護学研究科修士課程)を三重県内で最初に開き、看護の高等教育機関として基盤づくりをしてきました。そして、昨年度には開学20周年を迎え、この間、1600名以上の卒業生を看護師、保健師、助産師として輩出してきました。

 看護大学は、看護学の知を創造する研究活動を行い、学生に今日解明されている看護学を伝え、解明されていない看護現象を共に探究する場です。看護現象は様々な視点からの探求が可能ですが、看護学部では看護職の視点から看護を探究します。したがいまして看護学部での学びは、看護職に必要な能力を身につけることと一致します。

 本学では看護の専門的知識や技能だけではなく、多様な考え方や様々な背景を持つ人々を理解でき、コミュニケーションを取れるための幅広い教養、その時代の社会情勢や人々の健康に関する課題に沿った看護のニーズを意欲的に探究する姿勢、収集した情報の分析能力、チームを作りチームで活動できる能力などを身につけられる教育環境を準備しています。

 三重県を設立団体とする本学は、三重県の健康レベルの向上をめざした人材育成が求められています。そのためには県境も国境も越えた看護の普遍性を身につけて、グローバル社会で看護の発展と保健・医療・福祉の向上に寄与できる質の高い人材の育成が使命となります。

 看護の現場は、医療の高度化や社会の変化によって常に新しい課題に直面しています。その解決は、看護職と医療福祉職、そして何よりも利用者が知恵を出し合い、新しい技術や仕組みを開発し、活用していけるかどうかにかかっています。ここに研究を通して新たな看護の知を創造する看護大学の意義があります。基礎教育から大学院教育、そして継続教育を段階的に重ねていける看護の拠点として、活用してください。

 本学の学生・院生には、知の創造に加わることを自覚し、看護学を学び、創ることをとおして、利用者や地域、時代が求める健康ニーズに応える気概を常に持ち続けることを願っています。

 

公立大学法人
三重県立看護大学
理事長・学長 菱沼 典子

トップに戻る