平成22年度 米国カリフォルニア大学ロスアンジェルス校(国際看護実習Ⅱ)

平成22年度【UCLA・ひとことレポート】
〇病院では日本人スタッフと白人スタッフが会話し、大学の授業でも中国系の学生と白人の学生が一緒にプレゼンしているのを見て、アメリカは本当に多国籍・多文化社会なんだと思った。
〇メディカルセンターは全室個室でプライバシーの確保がされ、24時間面会可能となっていることに驚いた。また、ロボット手術など最先端の医療についても研究されておりすごいと思った。

〇英語でのコミュニケーションはやはりとても難しく、初めは黙り込んでいたが、知っている単語と相手の表情などで何が言いたいかわかり、自分も文法はめちゃくちゃでも言いたいことを伝えようとしたらわかってくれた。伝えよう、相手を理解しようという気持ちが大切であるということを学んだ。

トップに戻る