平成21年度 マヒドン大学教員招聘事業

三重県内の医療従事者や教育関係者等へのHIV/AIDSに関する知識の普及・啓発を目的として、HIV/AIDSの予防に成果を挙げたと評価されているタイからHIV/AIDSの研究者であるマヒドン大学准教授ワンタナ先生を招き、県健康福祉部職員及び本学の教員とともに日本及びタイにおけるHIV/AIDSの現状、感染予防の取り組みや看護ケアに関する公開シンポジウムを行いました。シンポジウムでは、同時通訳システムを用い討論を行いました。

  • 「日本とタイのHIV/AIDS」公開シンポジウムの様子(2009年7月31日)

トップに戻る