新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する本学の対策

新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、学内ではいろいろな対策がとられています。

ここでは、防止対策を紹介します。

 

 

建物の出入り口や、教室で入り口にアルコールを設置しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

学生は、毎朝体温を測定し大学に報告しています。

あわせて、風邪症状や味覚の有無などについても報告しています。

 

 

 

 

 

 

 

技術演習の前には体温測定を行います。

マスクとフェイスシールド、体温測定で安全を確保します。

 

 

 

 

 

 

ソーシャルディスタンスを確保するために、席を間引きしています。

昼食も、この席でとります。

 

 

 

 

 

 

いつもは入学式やイベントでの使用が多い講堂ですが、今年は授業で活躍しています。

もちろん、講堂の換気もばっちりです!

 

 

 

 

 

学外者の方も利用できる附属図書館では、体温の記入や手指消毒を行ってから入館していただきます。

館内も席の間引きなどにより、ソーシャルディスタンスを確保しています。

 

 

 

学生の生活を支える生協の取り組みはこちら

 

トップに戻る