みかん大からのメッセージ調整用

<はじめに>
このたび、三重県立看護大学や看護職をめざそうと思っている方にむけて、このページを開設しました。
新型コロナウィルス感染症が広がっている現在、皆さんも進路について考えていらっしゃることと思います。
このページではそのような皆さんに向けて、進路を考える手掛かりにしてもらおうと大学の現在進行中の教育や
先輩看護職者の活動をお伝えしていきます!

 

NEW!1月〇日更新】
今回は、学内で行われた「成人看護学実習Ⅱ(慢性・緩和)」についてご紹介します!

成人看護学実習は、成人看護学実習Ⅰ(急性)と成人看護学実習Ⅱ(慢性・緩和)に分かれており、3年生の時に履修します。

成人看護学実習Ⅰ(急性)では、事故などによるケガなどによって手術を必要とする人や急病によって体の具合が悪くなった人への看護を学びます。成人看護学実習Ⅱ(慢性・緩和)では、生活習慣病を始めとする慢性的な病気に対して、病気とともに生活していけるように患者さんへの看護を学びます。

今回実習の様子を紹介する成人看護学実習Ⅱ(慢性・緩和)では、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で学内や臨地で実習を行っています。学内実習では事例を通して、写真にあるように学生が患者役を経験することで患者さんの気持ちが理解でき、患者さんに寄り添う看護を深める実習を実施しています。また、臨地実習では実際に患者さんを受け持ち、清拭や足浴といった看護ケアだけでなく、実際に患者さんと関わることで、「病気とともに生活していく」ことについて学んでいます。

 

 

 

【基礎看護学 教員からのコメント】

新型コロナ感染症の中でも、学内実習や臨地実習で学生はしっかりと実習を行い、学びを深めています。


 

【そのほかの大学の取り組みについて】

 

・授業・演習や実習の様子

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する本学の対策

・大学生協の取り組み

・卒業生に対するサポート体制

また、本学の紹介や入試制度の説明などを動画で配信していますので、ぜひこちらよりご覧ください!

 

トップに戻る